ギター・ベース・ウクレレ・リコーダー・プサルタリー
高松ギター音楽院へようこそ
            高松で教室を開校して32年目です ありがとうございます 


[ホーム] [書込み・記事の修正削除] [全記事リスト]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ

My Diary

1ページ目に最新〜過去7日分、2ページ目に過去8日〜60日分の日記が記載されます。



  音の粒をそろえる方法2
Date: 2018-02-17 (Sat)
今回はクラシックギターのアルアイレ奏法の音をそろえる方法です。

隣の弦に寄りかかるアポヤンド奏法は、基本練習時im両方を強く弾くことにより音の粒はそろってきます。

ところが元々弦へのアタックの弱いアルアイレ奏法はなかなかそろいません。
またそろっていないことを自覚できていないことが多いです。

1.アルペジオの場合
 pimaでアルペジオを弾くとa指(1弦)が鳴っていない場合が多いです。
 一番目立っていいはずの1弦が鳴っていないのを自覚し、しっかりa指の爪が弦をとらえるようにしましょう。

2.imaの和音の場合
 同時和音(三声)で、3弦(i指)や1弦(a指)が鳴らず、バランスの悪い和音になっていませんか。
 常に三和音のバランスの良い時の響きを感じてください。
 指任せにせず、指先がしっかり弦をとらえているのを自覚して弾きましょう。

3.トレモロの場合
 i指が鳴らない人は、amiのトレモロを常にクレッシェンド気味で弾き、i指の音抜けを防ぎましょう。

4.同一弦上でim交互で弾く場合
 元々、im指は長さが違ううえに、弦に入る角度も違います。
 そのため、m指タッチに比べi指は弱くなります。
 では、どうすればいいでしょうか。
 まず、アポヤンドと同様、アルアイレでもim指両方ともしっかり弾くことです。この場合、脱力することと手首をしっかり出すことが重要です。
 もう一つのやり方は、i(人差し)指中心のフォームで練習することです。
 先に書いたように、m(中)指の方が長いため、弦にしっかりひっかかりますが、対しi指は弦に浅く入ってしまいます。
 そこで手首の角度を調整しi指が弦にしっかり入るタッチを作ってみましょう。

以上、どの場合でも不揃いを実感することと、指先(爪)がしっかり弦をとらえる意識が必要ですね。





  音の粒をそろえる方法1
Date: 2018-02-15 (Thu)
今回はギターの音の揃え方について書いてみようと思います。

ギターの音と言っても
音量
音色
リズム
等々揃えないといけないのですが、今回は音の粒です。

ピックを使用するエレキギターやフォークギターなどのケース。
・ストローク時ダウンとアップの音量が違う
・ストローク時アップストロークが詰まって、間隔が不揃いになる
・ピッキング時ダウンとアップの音量やリズム音痴になる
・ピックの表裏で一方の減り方が激しい
などの経験のある方は多いと思います

レッスンをしていてもダウンとアップの不揃いが目立つ方が多いです。また多くの場合、それを自覚できていません。

多くの人はダウンピッキングやダウンストロークは意識できてもアップはその勢いだけで弾いている場合が多く、そのために間隔が詰まってリズム音痴になっています。

練習方法としては、アップをコントロールできるテンポに落とし、間隔と音量をそろえることです。
メトロノームを使う
色々なリズムで試す
録音して確認する

要は、自分でそろっているかいないかを自覚できるテンポでオルタネイト(ダウンとアップを交互)奏法をすることです。
これは、ピッキング、ストローク両方に効果があります。
ピックの片減りも無くなるはずです。ぜひ試してください。

次回はクラシックギターの場合です。









  温度とチューニングの関係
Date: 2018-02-06 (Tue)
寒い部屋でギターをケースから出し、チューニングをする。
暖房を入れてしばらくすると、合わしたはずの音程がびっくりするほど狂っていることがよくありますね。

今回は温度と弦のピッチ(音程)について説明します。

まず、吹奏楽を経験された方は
管の中の温度が高くなるとと、音程は高くなる
逆に管の中の温度が低いと、音程は低くなる
と、常識的に覚えておられるようです。
これは、気温が上がると空気が膨張して空気密度が低くためだと言われています。
音は空気を振動して伝わりますが、その空気密度が低くなると振動しやすくなり音程が上がるということです。

では、ギターの場合はどうでしょうか。
結論から言いますと、スチール弦とナイロン弦では反対の結果が出ます。

まずエレキやフォークギターなどのスチール弦の場合
温度が上がると弦は膨張し緩みます。その結果ピッチ(音程)は下がります。

次にクラシックギターやウクレレなどのナイロン弦の場合
張力の加わったナイロン弦は気温が上がると収縮します。その結果、張力が上がりピッチ(音程)も上がります。専門用語でこれをガフ・ジュール効果と言います。

管楽器と違いサウンドホールのあるギターはボディー内の空気の変化があまりないわけです。
それ以上に弦への影響が大きいわけです。

ナイロン弦は暖房になじんでからは、特に1〜3弦の音程の変化に注意してください。






  選曲
Date: 2018-01-29 (Mon)
レッスン曲を選曲する場合、生徒さんの好きなジャンルを基準に考えるのは当然ですが、演奏レベルが合わない曲の場合、私が編曲する場合が多いです。

最近の編曲作品(個人レッスン用)
 慕情、イエスタデイ、メモリー、ホワイトクリスマス、ああ上野駅、ひばりの佐渡情話、雪が降る、スターダスト、他

個人レッスンでは生徒さんの好みの曲を選んでもらえます。

ではアンサンブルの編曲作品はと言うと
 さよならの向こう側、君の友達、そよ風の誘惑、ユーレイズミーアップ、他

う〜ん、女性の曲ばかり^^
それもちと古い曲が多い。
これは、今より多感な時代に影響を受けたためです。
どうしても1960年〜1980年代の曲が多くなります。

と、生徒のみなさんに言い訳がましく説明し納得してもらってます。

昨日のアンサンブル練習でも山口百恵とオリビア・ニュートン・ジョンが流れてました。









  明けましておめでとうございます
Date: 2018-01-02 (Tue)
明けましておめでとうございます

今年も明るく元気になる音楽を楽しんでいきます

本年もよろしくお願いします

高松ギター音楽院 宮尾和正







  年末年始のお知らせ
Date: 2017-12-29 (Fri)
一年間ありがとうございました。

12月29日(金)〜1月8日(月)の間、教室はお休みします。
1月9日(火)より平常レッスンを再開します。

みなさん、よいお年をお迎えください。

高松ギター音楽院 宮尾和正




  岡山新堀ギター音楽院コンサート
Date: 2017-12-03 (Sun)
12月3日(日)は岡山新堀ギター音楽院創立35周年コンサートが行われ、それに教室の生徒さんも友情出演します。
そのため12月3日(日)のレッスンはお休みします。

35周年コンサートのご案内は下記を参照ください。
http://okayama-niibori.com/event.concert.html




 >>全記事リスト

超簡単!無料HP
Click Here!
   アバターでコミュニケーション!ココロもつながるオンラインゲーム@games
Original CGI:- Sun Board - System:- RAK2 -