バーベルは哲学!!バーベルは人生そのもの!レジスタンストレーニングの無限の可能性を探ろう。人生は健康で元気な事が最高の財産だ!?
高松トレーニングクラブ&日本生涯健康スポーツ研究所(〒760ー0078香川県高松市今里町2丁目18-4・TEL087ー834ー7983)
バーベル界のホセ・ムヒカ?ヒゲ親父が独自に考案・開発した、各種スポーツ競技の競技力向上の為の3wayトレーニングシステムとSSTトレーニング法で、レジスタンストレーニングの無限の可能性を探求し、スポーツの競技特性に応じた最適の筋トレ指導専門ジム!


[ホーム] [書込み・記事の修正削除] [全記事リスト]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ

My Diary

1ページ目に最新〜過去7日分、2ページ目に過去8日〜60日分の日記が記載されます。



  果たして?10数年間、苦しんだ変形性膝関節症の痛みが少しだけでも、軽減してくれるのか!?
Date: 2017-07-25 (Tue)
連日35度を超す猛暑日の高松市です。先日の23日(日)にはヒゲ親父は姫路市のアメリカンヘルスクラブが主催する「ミスター姫路ボディービルコンテスト」の審査員に行って来ました。1年ぶりのコンテストでした。毎年お会いする顔なじみの審査員の先生方との再会です。お互いに話題は自身の健康に関する事ばかりでした。

23日(日)の姫路市も相当なムシ暑さで審査員の先生方も汗びっしょりの状態で2時間近くも真剣に審査をされていました。ヒゲ親父は前日の7月22日(土)に久しぶりの合同練習会をやっていたので全身が筋肉痛でした。しかし、ホンの少しだけ嬉しい誤算がありました。

嬉しい誤算の事実について少しだけ触れておきます。普通ならこの様な身体の状態では「両方の膝の変形性膝関節症」と「右の変形性股関節症」の痛みで、ヒゲ親父の場合にはここのところの5〜6年間は遠出をする時には、必ずその日の朝にボルタレンサポ50mgの座薬を入れていたのです。しかも、今回は両膝の関節の痛みと土曜日の合同練習会の筋肉痛が相当にありました。

しかし、今回は新幹線の移動中での階段の昇り降りの衝撃や傷みに、自分の両膝がどれだけ耐えられるのかを試して見たくて座薬を入れるのを止めました。果たしてその結果はどうだったでしょうか?新幹線での移動中での階段の昇降での両方の膝や右の股関節の痛みや衝撃は、確かに今回も相当にありました。しかし、会談の昇り降りの後に少し休憩を取って休めば痛みが割り合い早く消失してくれました。いわゆる、移動中での膝関節の痛みの激しさで自分自身の「心が折れそうになる」ことだけは免れる事が出来たのです。実は此の事が一番嬉しい誤算だったのです。

やがて、夕方の6時30分から始まったコンテストの審査員をしていた2時間以上の間も今回は痛み止めの座薬を入れないママでも耐えられました。またコンテストが夜の9時過ぎに終了しました。その後再び姫路駅まで戻って来て帰りの新幹線を乗り継いで、ようやく深夜近くに高松まで戻って来ました。帰りの道中も来た時と同じように新幹線の階段やエスカレーターでの昇り降りを何回も繰り返しました。しかし、何とかその痛みにも耐えられて高松まで帰って来れました。この痛みさえ軽減してくれたら、ヒゲ親父も遠出がおっくうにはならないのです。

今回の体験は久しぶりに嬉しい誤算でした。ただこの嬉しい誤算には、実はそれなりの「原因と因果関係」が存在するのです。もう少し時間が経過してその効果が確かなモノになった時点で公表する予定です。どうか、期待していて下さい。ヒゲ親父でした。


  貧乏にも負けないで、この蒸し暑い厳しいジムの環境の中でも何とか元気に頑張って生きて居ます。
Date: 2017-07-22 (Sat)
つい先日に梅雨が明けた高松市です。今日は合同練習に参加する為に、H選手が約1ヶ月振りに大牟田市から高松のヒゲ親父のジムに来てくれました。

今日の合同練習会はヒゲ親父とH選手とG選手とY選手の4人で午前10時から始まりました。午前中は4人でデッドリフトの強化練習を徹底的にやりました。今日の高松市内は気温が36度もあったので、バーベルの重量は180kg迄にとどめて、厚さが12p程のコンパネの台を使っての強化デッドに切り替えてお昼過ぎ迄2時間近く4人が交代でやりました。

勿論、老いぼれジジイのヒゲ親父は150kg迄の重量しか出来ませんでした。若い選手達にはとてもついては行けません。悔しいけれどこの現実は受け入れざるを得ないのです。しかし、ヒゲ親父が言うのもなんですが?このクソ暑いスレート屋根のヒゲ親父のジムの中は、扇風機以外の冷房施設が全然有りません。おそらく室内の温度は優に40度は超えているハズです。しかし、室温以上に厳しいのはその湿度の高さです。

過去に何人かのプロレスラーや若手の力士達やプロ野球の選手達或いは空手やその他の格闘競技の選手たちが夏場の昼間にヒゲ親父のジムに「筋トレ」に立ち寄ってくれた事がありました。しかし、どの選手達もみ〜んなが「口をそろえて言った言葉」は会長さん!今どきの日本にまだこんなジムが有ったんですね?!本当に勉強になりました。と言う言葉でした。

この言葉の意味は?確かに驚きと共に?間違いなく嫌味と諦めにも似た言いようのない酷い環境のジムではないですか?という意味を込めた言葉でした。まあ、そのような全国的にも数少ない?過酷な環境の中で、ヒゲ親父を含めて4選手全員がお昼ご飯の前まで約2時間近く頑張って合同練習をやり遂げた事実なのです。

その後4人で一緒にお昼ご飯を食べた後から、少し昼寝をしてから午後3時過ぎからはスクワットとベンチプレスを軽い重量で2時間程やりました。しかし、その間今日の蒸し暑さは半端では無かったので?熱中症の予防の為にもそれはもう確かに大量の水分を摂取しました。お腹がぴちゃぴちゃと音を立てるくらいに水を飲みました。

まあ、現在69歳のヒゲ親父ですが若い選手達にはとてもついては行けませんが、何とか足手まといになりながらでも一緒に筋トレが出来る事に感謝を致しております。処で、ヒゲ親父は明日は姫路市でのアメリカンヘルスクラブのコンテストの審査員で姫路市に行く予定です。この暑さにも負けないで何とか元気で頑張っております。今夜のヒゲ親父でした。


  明日の初戦に全てを賭ける気持ちで打席に立つように。狙い球が来たら思い切りフルスイングをやってみろ!?
Date: 2017-07-15 (Sat)
いよいよ明日16日(日)に東京ドームでは第88回都市対抗野球大会の大会第3日の第2試合にJR四国が南関東第2代表のホンダ(狭山市)と対戦し、18年ぶりの白星を目指しています。

今大会にはヒゲ親父のジムで2年前から環太平洋大学を卒業して、日本のプロ野球界入りを目指して懸命に筋トレに励んでいる、Y・K選手が5番打者(1塁手)として出場します。彼は四国予選の準決勝戦でもホームランを打ちました。また翌日の決勝戦でも重要な勝負所で2塁打を放って勝利に貢献しました。

身長186p、体重100kgと非常に大柄なパワーヒッターです。平素は無口で少しおとなしい性格です。だから、勝負師としては少し控えめな性格に見えます。しかし今年に入ってからは、相当に気合が入って来て打撃も徐々に良くなって来ている模様です。

当然の事ですが、今年こそは勝負の年だと自分自身が自覚して、常に気持ちを集中させてジムでの筋トレにも相当な覚悟で臨んで来ました。昨年の冬場からの基本的なbig3種目は基より、同時並行的にヒゲ親父が独自に開発した3wayトレーニングシステムでの筋トレ方法も相当に高いレベルにまで習得出来て来ています。

とりわけ、従来の@ハイクリーンAハイプルアップに加えて、Bハイスナッチを昨年末から取り組んだら瞬く間に自分のモノとして習得してしまいました。今では50kg〜60kg近い重量で素早いハイスナッチをこなしているのです。しかしもう少し肩甲骨周辺の素早い反転動作が出来ること。と肩甲骨周辺の更なる柔軟性を含めた可動域の拡大にもう少しの工夫の余地を残しているのが今後の課題です。

しかし、どうか、明日は悔いの残らないように1打席づつ気持ちを集中させて打席に立って欲しいと願っています。チャンスがあれば思い切ってフルスイングをして下さい。成功を祈っています。頑張れよ!Y・K選手。今夜のヒゲ親父でした。


  我々バーベル愛好者は、筋肉と力を鍛えながら?頭の中味ももう一度鍛えなおして行きませんか!?
Date: 2017-07-06 (Thu)
我々バーベルトレーニングを愛好している者達がいま一度目を覚まさなければイケない課題が見つかりました。現在のようなソーシャルメディア全盛時代に於いては尚更です。ネットを使ってのフェイスブックやライン或いはSNS等の一度に不特定多数の人達に情報発信(その中味は正しい情報も有れば、明らかに他人や攻撃相手を陥れる誤った情報が混在している場合もあります。) が出来る最新のツールを、騙されないようにキチンと正しく活用する為にはどのような点に注意を払うべきかに付いて、今一度考え直して見たいと思います。

先ずは、コレラのソーシャルメディアを駆使する方法に長けている人間達には、概ね以下の2種類の性格や性質を持った人間が存在する事を忘れないで下さい。一般的には「普通の常識や見識」を持っている、いわゆる「まともな人間達」と言える人達。しかし、もう一方では、明らかに善良な人達を扇動する目的で、上記の情報ツールを操る?悪い人間性を持った人間達も存在する事を忘れないで下さい。つまり、最初から多くの人達を巻き込んで騒動や揉め事を意図的に引き起こそうと企む人間達がいると言う事実。この様な人間達が情報を発信する発信者或いはその情報を拡散するように煽り立てる扇動者になった場合が、実は一番厄介な大混乱となるのです。

情報発信の扇動者(アジテーター)の人間達に関する何等の予備知識やその人間のパーソナルな情報を持たない、我々のようないわゆる「バーベルバカ?」に近い純粋な人間達が騒動に巻き込まれたり?誤った判断をしないようにするための唯一の方法は下記の事を守ることだけです。この様な怪しい情報や根拠の乏しい噂話の類を発信したり、拡散を煽るようなアジテーター達の人間の氏名が、もし解っている場合には?先ずその人間達の氏名をパソコンに入力して検索を掛けて見て下さい。その人間達の過去から現在に至る迄の来歴とその人物の人間像を最初にキチンと調べ上げる事が大切だと思います。今のパソコンの性能からすれば、大部分の人間達のアウトラインはある程度は解るハズです。

まずそこで、この様ないかがわしい?履歴や過去のある人間達の言うことを、最初から全部ホンマに信用してもええんかいな?と言う最初の疑問に対しての判断が出来るハズです。昔から「三つ子の魂!百くまでも?」と言う諺が有ります。つまり、他人を騙したり陥れて「有る事や無い事を煽り立てる詐欺師的な資質と性格を持った扇動者達」にはほぼ全員に共通する生き方と行動パターンが在るのです。彼等に共通する攻撃方法とそのやり方とは?先ず強い相手やうっとうしい相手に対しては絶対に最後までは歯向かっては行かない?と言う事実。しかし、相手が少しでも弱味を見せたり?反撃をしない場合には、ここぞとばかりにトコトンかさに掛かって追い詰めて来るのです。しかし、この様な類の人間達はそんなに長い期間は反対闘争や反逆行動は取らない場合が多いのです。

ヒゲ親父が相手なら?先ずはある事や無い事をネットで垂れ流されたら、すぐさま反撃に転じます。ヒゲ親父の方に確かな自信が有れば、相手を刑事告訴致します。裁判の結果で現在の様なネット犯罪に近い判決が出れば、ネットを使ってある事や無い事の情報を発信した相手には「偽計業務妨害」等の罪で何らかの処罰は間違いなく受けるハズです。最低でも書類送検は免れません。ましてや、今回の様にフェイスブックやSNS等を使っての一方的な情報発信と拡散を煽る大騒動では、ここ何か月間かに及ぶ協会業務の大幅な停滞と協会の信用と信頼の失墜を助長させた罪と、集中攻撃を受けたある特定の理事の名誉や信用を著しく毀損した事実は間違いなく社会通念上からも非常に大きな犯罪行為となるハズです。何にも泣き寝入りをする必要は無いハズです。今日現在でも?今回の騒動を煽った扇動の首謀者達には何等の処罰やペナルテーすらも課せられてはいません。社会通念上からも、こんなバカげた事はあり得ません。反逆の首謀者たる旗振り役の人間達には、それ相当の処罰を科すべきだと思いませんか。その当事者達は未だに、何等の謝罪もせずに、平気な顔をして大会準備等で大変だとか?と明らかに紛争の論点をすり替えての情報発信を続けています。あきれ返るバカリです。

もともとが、自分達の利権と権限や地位がある程度手に入れば、交渉相手側とは何時でも和解の手を打つ作戦なのです。つまり、反逆者や闘争者として多くの賛同者や同調者の先頭に立って煽り立てて来たアジテーターとしての最低限度の「覚悟と自己責任の自覚」のカケラも持ち合わせていない、本当に自分勝手な人間達が大部分なのです。つまり、このクーデターが、もしも失敗に終わったら?俺は「扇動者としての最低限度の責任」として?もう2度とバーベルの世界からは、キッチリと身を引く覚悟だ。と言う位の自覚と覚悟も持ち合わせていない人間達なのです。つまり、人間として男としての「最低限度の誇りと矜持」すらも持ち合わせていない人間達が、実に多いのです。

其の内に争い事が膠着状態になって、やがてみんながもうええ加減にして欲しいわと言う気分になった時を見計らって、攻撃相手に対してお互いに和解に持ち込まないか?と水を向けて来るのです。この様な、自己責任を貫く決意と気概も無いくせに、「自己保身の見本」のような人間に、一体誰が最後まで付いて行くと言うのでしょうか?まさしく、バーベル界とその周辺者を騒がせるだけのバカバカしい茶番劇はもうエエ加減にせんかい。と思うバカリです。余談ですが、ヒゲ親父の「終生の盟友」でもある名古屋の前田先生も今回の茶番劇に対しては大変に怒っております。前田先生のご意見もヒゲ親父とほぼ同じ考え方です。もうこんなバカバカしい話は今日にて一件落着にせんかい。とのことです。全国のバーベル愛好家の皆様方ももう一度、今回のソーシャルメディアを使っての煽り行為に対して目を覚まして見ませんか。今日のヒゲ親父でした。



  人生!70年?艱難辛苦、汝を珠にス。
Date: 2017-07-03 (Mon)
人生70年近くを生き抜いて来て、近頃ほんの僅かですがようやく解りかけて来たことが有ります。男女を問わず人間が人として人格的に成長できるのは間違いなく困難や苦難に遭遇してそれらを何とか乗り越えられた時だけだと言う事実です。

つまり、人生に於いて勝ち戦の時や何でもカンでも全てが思い通りに上手〜く運んでいる時には、決して人間的な成長は遂げられないモノなのです。ヤッパリ、昔から言われている様に、「艱難辛苦汝を珠にす」は今日に於いてもまさに至言である。

いま最愛の妻!小林真央さんを失って2人の幼子を遺されて悲嘆に暮れている歌舞伎役者の市川海老蔵さんも、この途方もない悲劇と苦難を乗り越えた暁には、必ず日本を代表する恐るべき可能性を発揮できる、数少ない歌舞伎役者に成長する事でしょうね。

ある国のお坊ちゃま育ちの?自分の不誠実でデタラメぶりを一部の国民から批判されたら?あなた方の様?な人の批判バカリをする人達に向かって、私達自民党はこの様な人達には負ける訳には行かない。と色を成しムキに成ってやり返す様な、度量の小さい低次元の応酬しか出来ない人間性には?本当に失望とウンザリした気持ちしか残りませんでした。一国の総理大臣がこの程度の男なのかと思うと、何とも言えない虚しい気分です。どうひいき目に見ても大した男では無い人間だと失望しました。

つまり、他人の痛みや悲しみを冷静な立場に立って客観的に受け入れられない彼自身の度量の狭さ。彼は一国の総大将の地位に在る人間なのです。何等の地位や権限も持たない、そこいら辺の大衆に向かってなぜそんなにムキに成らねばイケないのですか?もっ大きな気持ちで包み込んで、其の内に少しづつ理解をしてもらう努力を継続することを約束する位の切り返しが出来ないのでしょうかね。残念ながら幼少期から何の苦労も知らずに育って来たお坊ちゃん育ちの履歴の上に、確かに余り頭の良くない顔立ちの何処かの国の現役総理大臣とは思え無い対応と度量の狭い発言内容には完全に失望してしまいました。これが60歳近い男の取る態度と振る舞いかと思う?と本当に情け無い気持ちで一杯です。

つまり、一国の最高権力者の地位に就いても、所詮苦労知らずに育った人間の現実の姿が其処には在りました。ヤッパリ、人間は「氏より育ち」だと言うことの証明みたいなものです。人としての人間的な魅力や男としての胆力にはどうしても欠ける事は否めません。非常に残念な事ですが?此れバッカリは、本人の能力と資質の成せる業ですから?如何ともし難い様です。今夜のヒゲ親父でした。



  シリア人の8歳の少女の悲痛な叫びを何と聞く!?良い戦争!悪い平和?なんて、あったためしが無いよ。
Date: 2017-06-27 (Tue)
アメリカのタイム誌が2017年6月26日(月)に今年のインターネットを使って全世界に向けての影響力を持っている25人の男女を選びました。其の内の1人に、2016年12月22日ころ迄、中東シリア内戦の最激震地のアレッポに家族と一緒にとどまり、現地から連日の空爆の大惨状をツイッターで全世界に向けて発信し続けて来たバナ・アベドさん(8歳)が選ばれました。彼女は現在はシリアの隣国のトルコに家族と共に難民として逃れて来ています。

現在のアレッポでは、シリア政府軍VS反政府軍VS IS(イスラミック・ステイト)と言う、非常に複雑で解りにくい、三つ巴の勢力による、終わりの見えない激烈な内戦状態が依然として継続しているのです。当事者のシリア人の8歳の少女である、バナ・アベドさんは、国連を始めとする先進諸国が何時もの様な決まり文句で?全世界に向かってシリア政府やそれを支援するロシア政府に対して発する「非難声明」なんかはもう要らない。非難声明なんかは、私達には何の役にも立ちません。それよりも、もっと確実に戦争を終わらせる為の「行動」を直ちに起こして欲しいと全世界に向けて呼びかけています。

終戦後72年が経過しました。ヒゲ親父を含めて?今や完全に平和ボケしてしまって?一億国民総薄知化しているのが今の日本の現実の姿だと思います。つまり、日本国民は現在全国民が毎日ノー天気にこの平和がいつまでも続くと思い込んで趣味や健康造りを謳歌しています。我々筋トレ愛好家やバーベル大好き人間達も同様に、何等の疑いや一抹の不安も持たないママに、毎日「筋肉造りや筋力強化遊び」にうつつを抜かして楽しんで居るのが本当の姿だと思います。即ち、ボディービルやら?パワーリフティングやら?ベンチプレス?に熱中して「浮かれポンチ」に成り下がっているとは思いませんか?お互いにもう一度平和の尊さと、戦争の悲惨さの何たるかを熟慮して見ませんか?

甚大な代償と尊い犠牲の上にしか成り立ち得ない今日の平和と安定を貪り食った?挙句の果てには何が残されているのでしょうか?ごく一部の扇動者(アジテイタ―)達にいいように振り回されて、あたかも協会VS 反協会運動などと言うバカバカしい茶番劇に取り込まれて、お祭り騒ぎを演じている軽薄短小な連中達には、このシリアの8歳の少女の悲痛な叫びを一体何と聞くのでしょうか?ヒゲ親父も今夜は心の底から大いに反省させられました。

フェイスブックやらSNS等のインターネットを駆使して、あること無い事を並べ立てて全国のバーベル関係者や周辺の人達に散々拡散を煽り立てておいて、状況が自分達に劣勢になって来てやがて終息を迎えれば、後はみ〜んなで「ノーサイド」で行きませんか。冗談じゃ無いよ。攻撃対象に対して有る事無い事をフェイスブックやSNS等で散々に垂れ流して攻撃相手の人権や信用をとことん追い込んで貶めてしまう。最終的には周りのみんながもうええ加減にして欲しいわ?と言う厭戦気分になって来たら、アジテイタ―達の思う壺です。扇動者達は何等の反省もせずに、確かにホンの少しだけやり過ぎたかも知れ無い。と格好だけの謝罪をしたふりをする。彼等の何時ものやり方です。この様なえげつない一方的な攻撃方法と形式的な謝罪に騙されてはいけません。どうですか、この様な非常識な態度と振る舞いが、果たしていい年をした大人の男がする態度では無いと思いませんか?どうしても許せない事が有り、組織に対して敢然と反旗を翻すと決めた以上は最後までやり通せば良いと思います。何にも途中で妥協したり、変節する必要は無いハズです。

それと同時に、扇動する立場に立つ者にはいささかなりとも、「己自身の心の中」に覚悟と責任感は必要不可欠な要素のハズです。それすらも持たないママで、散々に攻撃相手をズタズタに貶めておいて、いざ対立が終われば自分自身は何等の処分や罰則も受けないママで平気な顔をしている。つまり、対立以前の従来通りの身分と安全な立場や地位に居座り続けられる。そんなバカな事が許されると言うのでしょうか?つまり、対立が終わればまたまたみんなで一緒に仲良くノーサイドで行きませんか?騒動の首謀者の立場に立った張本人が、本当に良くもそのような自分勝手な事が言えたモノだとあきれ返ります。恥を知る心も無ければ、扇動者としての自己責任の一片も持ち合わせていない人間に、果たしてどれだけの人間が最後まで付いて行くと言うのでしょうか?バカバカしい茶番劇はもういい加減にして欲しいと願わずにはおれません。本当に我が身の命と引き換えに毎日を必死で生き抜いている、シリアの8歳の少女のバナ・アベドさんと比べて見ても、今の日本人は恥じ入る事バカリだと教えられた1日でした。シリアの人々の幸運を祈っています。今夜のヒゲ親父でした。


  四国高校総体の結果を受けて思うこと!?着実に結果を出し始めた3wayトレーニングシステムの完成度を更に高めて行きたい。
Date: 2017-06-19 (Mon)
こんばんわ。お疲れ様です。先週の土曜日から四国4県で実施されていた、四国高校総体の結果です。先ずは高知県南国市で行われていた柔道競技の男子81kg級に出場していた、K・N選手は普段の実力が存分に発揮できなくて、残念ながら決勝戦までは進めませんでした。結果は3位決定戦でも優勢負けを喫して順位は四国第4位でした。まあまあ、全身の筋力と筋パワー発揮の今の彼の実力を公平&冷静に判断すれば、概ね今回の結果は順当だとヒゲ親父は捉えています。

確かに彼は小学校2年生から始めた柔道のセンスの良さと、スピード感覚や身体のバランス調整能力には秀でたモノがある柔道選手です。しかし、神様は2物を与えずの例え通りです。即ち、格闘競技選手としては余りにも細身の身体付きの為に、どうしても体幹部が弱いのです。とりわけ、big3種目の中でも、デッドリフトとスクワットが極端に弱いのが致命傷となっているのが現状です。

K・N選手の場合は現在もう高校3年生の為にむしろ、今後大学に進学してから、少しづつコツコツと身体造りに励んで力を付けて行って欲しいと願っています。その結果として将来的には大きく羽ばたいて貰いたいと思っています。むしろ、本格的な身体造りと強化は、彼に取っては今後の大きな課題なのですから。

また、もう一人の県立高校2年生のボクシング競技のウエルター級(68kg以下級)に出場した、T・H選手は2年生ながら、決勝戦では四国の高校ボクシング界の名門校の愛媛県の新田高校の強豪選手相手に、堂々と互角の打ち合いを展開して最後には見事に判定勝ちを収めました。高校2年生で初の香川県高校チャンプと四国高校チャンピオンのダブルタイトルホルダーとなりました。おめでとう、本当によく頑張ったと思います。元極真空手出身の彼は高校入学時には、直接打撃の極真空手とボクシングの大きな違いに戸惑いながらもよ〜く空手の弱点と欠点を克服して来た結果と評価しています。今後の努力次第ではマダマダ強くなって行くハズです。

ただ、ハードパンチャーの宿命との言える事ですが?決勝戦での激しい打ち合いの結果として、T・H選手の右の拳の指の靭帯が切れてしまった見たいです。今週中に手術をする予定です。兎に角、ヒゲ親父のジムの指導方針は、良い結果が出た時も、また反対に悪い結果が出た時にも、言い訳をしたり、結果を隠して発表しないと言う様な姑息な事は致しません。全てをありのままに正直に皆さん方に、正々堂々と発表致します。此れこそがヒゲ親父の流儀なのです。少しづつですが?ヒゲ親父が独自に考案・開発した3wayトレーニング・システムの優位性と効果が着実に実を結び始めて来ています。ヒゲ親父も、今後とも更なる研究と指導実績を重ねて行く決意です。 今夜のヒゲ親父でした。

 >>全記事リスト

超簡単!無料HP
Click Here!
   アバターでコミュニケーション!ココロもつながるオンラインゲーム@games
Original CGI:- Sun Board - System:- RAK2 -