バーベルは哲学!!バーベルは人生そのもの!レジスタンストレーニングの無限の可能性を探ろう。人生は健康で元気な事が最高の財産だ!?
高松トレーニングクラブ&日本生涯健康スポーツ研究所(〒760ー0078香川県高松市今里町2丁目18-4・TEL087ー834ー7983)
バーベル界のホセ・ムヒカ?ヒゲ親父が独自に考案・開発した、各種スポーツ競技の競技力向上の為の3wayトレーニングシステムとSSTトレーニング法で、レジスタンストレーニングの無限の可能性を探求し、スポーツの競技特性に応じた最適の筋トレ指導専門ジム!


[ホーム] [書込み・記事の修正削除] [全記事リスト]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ

My Diary

1ページ目に最新〜過去7日分、2ページ目に過去8日〜60日分の日記が記載されます。



  散る桜!残る桜も?散る桜!? 散り際!去り際?の美学とは!?
Date: 2019-04-13 (Sat)
早いモノですね?桜咲く4月も早いモノで?今日はもう4月13日(土)です。実に4月ももう半分が過ぎようとしています。

「散る桜!残る桜も?散る桜!?」と謳われるように?満開に咲き誇った時の「桜の花」の見事さと!豪華絢爛さ!?は日本の他の花の追随を許しません。

しかしながら、それ以上に「桜の花」が日本人の心の拠りどころとなっている?本当の理由とは!?一体何なのか?その答えは「散り際の見事さ!?」と「散り際の潔さ」以外の何ものでも無いと?ヒゲ親父は勝手に想像しています。

まさに、せめて?後もう少しの間だけでも?この豪華絢爛な桜の花の美しさや見事さを愉しませて欲しいと願う万人の身勝手な願いなどは全く意に介さずに?本当に一夜の雨や風で翌日には何等の余韻を残すことも無く?一瞬にして!葉桜の姿に大変身する見事なまでの変わり身の早さ。つまり、此れこそが惜しまれながらも?サッと?何の未練やわだかまりも捨て去って一気に散って行く?桜の花の「潔さ!?」とある種の哀れさが何とも言えず日本人の郷愁を誘うのだ?と考えています。

この様な桜の花の見事なまでの散り際の美しさこそが?本来の日本人が持つているべき出処進退の時の我が身の処し方を暗に示唆している様に思います。つまり、事に及んで一切の未練やためらいや或いはわだかまりさえも捨て去って「きれいサッパリ」と身を処して行く「去り際」や「辞め際」での取るべき姿勢を教えているのです。即ち、本当の侍の心を持っているハズの日本人の漢なら?誰しもが常に忘れてはイケない心構えのようなものであるとヒゲ親父は考えています。あたかも、第二次世界大戦後の日本を占領して統治していた「マッカーサー元帥」が日本を離れる時に発した言葉!?「老兵は死なず!ただ消え去るのみ?」まさに人の「引き際」並びに「去り際」での至言・名言だと思います。今夜のヒゲ親父でした。


  カエル脚の構えで、スナッチ種目と同じ広い握り幅で7pの高さの台上に乗ってのデッドリフトで185kgで連続して3回を引き挙げたぞ!?
Date: 2019-03-30 (Sat)
今夜は3月30日(土)です。早いモノですね?3月も今日を入れて残り2日間です。今夜は7時過ぎからS・O選手の自主練習に付き合いました。今夜の自主練習は何時もの様に応力開放理論に則った超強化トレーニングで7pの高さの台上に乗ってのデッドリフトでした。

今夜のS・O選手の練習前の検量体重は捕食を食べ、83.4kgです。少しづつ体重管理がキチンと出来て来ています。練習前に彼とのミーティングです。丁度1週間前の3月23日(土)の土曜日に行ったスクワットの応力開放理論に則った超強化トレーニングのパーソナル指導でのハイバー・スクワットで185kgで連続2回を成功させました。その時にあともう1回と言う3回目に挑戦をして惜しくも立ち上がる途中で潰れた時に左の膝の外側部分に少しだけ痛みが発生しているとのことでした。

従って今夜のデッドリフトの強化練習のメニューを2人で相談して決めました。今夜の強化練習のメニューは@75kgA125kgB155kg迄は何時も通りの7pの高さの台上に乗ってのデッドリフトです。何時もの様に試合用のバーよりかは直径が太い30ミリの太いバーを使用します。ノー・ベルトでカエル脚の構えバーの握り方は順手握りです。バーを握る手の幅はスナッチ種目と同じ広い握り幅です。

続いてバーの重量を175kgまで増量して此処からはベルトを着用する事と、バーの握り方を方逆手で握ります。しかし、あとのカエル脚の構えなどは全て155kgまでと同じです。今夜は其の後にバーの重量を185kgまで増量して回数上げに挑戦です。結果は連続3回はキッチリと引き挙げられました。4回目はあともう少しまで引き挙げましたが最後の体幹部が伸ばし切る事が出来ませんでした。其の後休憩を挟まずにすぐに175kgまでバーの重量を落として再び連続上げに挑戦です。連続で3回を引き挙げました。今夜の強化練習の成果はまずまずの結果です。

この後は今夜は何時ものコーディネーション種目は取りやめて何時ものコロコロ親父だけを3セットを行いました。今夜は以上で約1時間40分弱のS・O選手の自主練習に依る強化練習を終了しました。S・O選手に取っては後は5月の香川県春季パワーリフティング選手権大会でキッチリと結果を出す事だけです。大きな怪我や故障を起こさないでこのママ頑張って欲しいと願っています。今夜のヒゲ親父でした。


  バーを僧帽筋の上部に乗せる「ハイバースクワット」で185kgで連続2回出来たが?3回目で潰れてしまいました。悔しいです。
Date: 2019-03-24 (Sun)
昨夜の3月23日(土)はS・O選手の今月(3月)最後のパーソナル指導の日でした。彼とは毎月4回のパーソナル指導の契約をしています。昨夜の彼とのパーソナル指導はスクワットの応力開放理論に則った超強化練習のリクエストでした。彼は老健の介護の仕事の方が年度末の為に非常に忙しくて先週からはジムに来ての筋トレは週に2回行うのがやっとと言うところです。

先日のヒゲ親父の日記にも書きましたが3月19日(火)の夜のパーソナル指導で彼は7pの台上に乗ってのデッドリフトで200kgの重量を連続して2回引き挙げる事に成功しました。あれから中3日間の休息を挟んで、昨夜が4日ぶりのスクワット種目での「応力開放理論に則った超強化練習」のパーソナル指導の日でした。

昨夜のスクワットは何時もの様にバーを僧帽筋の上部に乗せて担ぐハイバー・スクワットです。両方の脚の幅は彼の得意の足幅よりかは少しだけ狭い足幅で行います。何時もの様に155kgまではノーベルトで行いました。昨夜はバーの重量を175kgまで増量してからようやくベルトを着用してのハイバー・スクワットを行いました。しかし、昨夜は少しだけ異変が見受けられました。その異変とは?175kgのハイバー・スクワットでは彼の最大の魅力でもあるボトム迄しゃがみ込んでからの切り替えし動作を使ってからの爆発的な立ち上がり動作に何時もの様な鋭い切れ味がありません。

ヤッパリ?S・O選手も人の子です。幾ら若いと言っても?疲れを知らない?鉄人ではありません。これだけ短い筋肉の回復の為の休養時間の間隔ではどうしても全身の筋肉疲労を完全に取り切る事は不可能だと考えています。先日の3月19日(火)の夜に7pの台上に乗ってのデッド・リフトで、200kgの重量を連続して2回引き挙げた時の全身の筋肉疲労がマダマダ完全には取り切れていなかっ様に思われます。

昨夜も何時もの様に彼と2人で話し合いました。今夜のスクワットの強化練習の目的をどのようにするのか?と言う事です。2人で話し合った結果、今夜は185kgの重量をハイバーで担いで連続で何回出来るか?に挑戦することに決めました。その結果は185kgで連続2回を達成出来ました。がしかしながら?3回目があともう少しの処で残念ながら潰れてしまいました。本当に悔しい結末でした。原因は3回目のハイバースクワットの時に体幹部があと少しのところでどうしても耐え切れずに潰れてしまったのです。今後の彼の最大の課題は体幹部の徹底的な筋力強化練習です。

S・O選手には忙しい仕事の合間を縫って?何とか上手く休養時間を確保して?早く全身の筋肉疲労を完全に取り除く方法を見つけて欲しいと思います。筋肉の蓄積疲労をシッカリと取り除きながら短い練習時間でも集中した強化練習を積み重ねて頑張って欲しいと願っています。今夜のヒゲ親父でした。


  6日後の3月19日(火)の今夜!見事に7pの高さの台上に乗ってのデッドリフトで200kgで2回連続で引き挙げる事に成功したぞ!?
Date: 2019-03-19 (Tue)
こんばんは!つい一週間ほど前の3月13日(水)の夜の応力開放理論に則った超強化トレーニングのパーソナル指導を受けた時に、7pの高さの台上に乗ってのデッド・リフトで200kgの重量を2回連続で引き挙げる事に失敗したS・O選手のことは既にこの日記に書いた通りです。あれからS・O選手は自分の仕事が超多忙な上にこの前の200kgを2回連続引き挙げた時に少しだけ左ひざに痛みが出た為に今日までデッドリフトを止めていました。

膝の痛みも殆んど無くなって来たので❓今夜は満を持してS・O選手は再びリベンジを狙ってヒゲ親父のパーソナル指導を受けにジムにやって来ました。今夜もジムでの練習時間は1時間少々しか取れそうもありません。従って短い時間で集中した強化練習をやるしかありません。今夜の練習前の検量体重は捕食を食べても83.7kgと上々でした。

何時もの様に75kg〜125kgまではノーベルトで足幅はカエル脚の構えで、バーの握りは順手握りで握り幅はスナッチ種目と同じ手の幅の広い握り方です。その後に今夜は重量を185kgに増量しました。この重量でも7pの高さの台上に乗ってのデッドリフトでキッチリと完璧な引き挙げを見せてくれました。この試技を見て今夜も彼と2人で話し合いました。その結果は今夜は絶対に先日のリベンジを狙ってみることに決めました。

やがて、其の後には今夜のメインテーマのバーの重量を200kgに増量して連続2回の引き挙げに再挑戦となりました。果たして?今夜の結果は如何に?今夜のS・O選手のバーの引き挙げのスピードが非常に速かったので?ヒゲ親父は間違いなく今夜は行けるぞ!と確信しました。案の定2回目の引き挙げも1回目に比べれば確かにセカンド・プルの場面ではかなり引き挙げのスピードが落ちたモノのシッカリとバーを保持しながら最後の上体の返しまで我慢強く耐え抜いて完璧なフィニッシュ・ポジションまで引き挙げ切りました。

遂に7pの高さの台上に乗ってのデッド・リフトで200kgの重量を連続して2回引き挙げる事に成功しました。つまり、3月13日(水)に失敗した試技を6日後の今夜の3月19日(火)の夜に見事にリベンジして見せてくれました。今夜は余り時間が無いのでいつもやっている3種の神器の内で「コロコロ親父」だけをやって終了です。S・O選手の今夜の超強化練習の全部の所要時間は約70分ほどです。S・O選手本当に見事です。大したもんです。此れからも自分の仕事を最優先しながら短い練習時間でも中身の濃い集中した強化練習を我慢強く継続して行きませんか❓必ずそれなりの効果は出て来ると信じています。今夜のヒゲ親父でした。


  小学校5年生の孫娘!?素直で可愛らしい女の子に育って欲しいと願っています!?
Date: 2019-03-18 (Mon)
こんばんは。お疲れ様です。早いモノで3月も残りが10日余りとなりました。そうそう明日の3月19日(水)は朝7時から小学生の通学路の交通安全の旗振り役の交通登板の日です。ヒゲ親父も通行量の多い交差点に立って児童たちの通学安全の旗振り役を務めます。処で、そろそろ来週あたりからは桜が開花するとの情報が駆け巡って来ると思われます。

ヒゲ親父夫婦が自分達の息子の嫁である母親を乳癌で亡くした3人の孫達と同居生活を始めて既に5年が経過しました。行って良し!来て良し?孫の可愛さ!?と言う諺があります。しかしながら、毎日毎日家族6人が一緒に暮らしていると❓ましてや日々の日常生活における「躾や礼儀&行儀」を含めての生活全般を教えて行く為の教育的な過程では孫達との軋轢やお互いの反発等があっても当然です。本当にきれいごとを抜きにして❓ただ単純に「孫の可愛さ」だけの感情だけではなかなか解決しにくい難しい問題もあるのが本当のところです。しかし、何とか大過なく無事に今日までの5年間が経過しました。大変嬉しい事に3人ともに健康で元気にのびのびと大きく育ってくれています。本当に神様に感謝したい気持ちで一杯です。いよいよこの4月からは3人の孫達との6年目の同居生活に突入します。まだもう少しの間は必至で頑張らないとイケません。

長男の孫は高校3年生となりいよいよ来年には大学受験となります。次男の孫は4月からは中学3年生です。彼も来年は高校受験生となります。また、一番末の娘の孫は小学校6年生となります。現在はスイミングスクールに通っています。そのせいか?まだ小学校5年生ですが身長157p体重56kgと非常に大柄な女の子に育ってくれました。水泳の能力はマダマダ大した事はありません。ただ❓孫娘は女性にしては肩幅がやけに広くてしかもなかなか腕っぷしが強いのが特徴です。その証拠に先日5年生の男女全員を含めた5年生の学年全員の中での腕相撲では誰にも負けなかったそうです。しかし、ヒゲ親父の本音を言えばヤッパリ女の子ですので❓本当は優しくて素直な可愛らしい女の子に育ってくれさえすればそれでもう充分なのです。しかし、世の中はなかなか思うようには行かないモノですね。お後がよろしい様で!?今夜のヒゲ親父でした。


  3月13日(水)の夜の応力開放理論に則ったデッドリフトの強化練習では、7pの高さの台上に乗って200kgの重量を連続して2回引き挙げる事に失敗しました!?
Date: 2019-03-15 (Fri)
S・O選手に対して3月13日(水)の夜には3月に入って2回目の応力開放理論に則った超強化トレーニングのパーソナル指導を行いました。強化トレーニングを行ったのは7pの高さの台上に乗ってのデッド・リフトでした。練習前の検量体重は捕食を済ませて84.2kgです。

S・O選手は何時もの様に@7pの高さの台上に乗って、しかも例のA直径の太いバーを使用します。このデッド・リフトでの応力開放理論に則った超強化練習ではBノーベルトでA両方の脚の構えはカエル脚の立ち方Cバーの握り方は順手握りDバーを握る両方の手幅はウエイトリフティングのスナッチ種目と同じ広い握り幅です。以上の様に@〜5までの種類の異なるデッド・リフトでバーを引き挙げる時の厳しくて辛い条件を克服する為に意図的に仕組まれた条件をクリアーする為の訓練がやがてはその悪条件を開放した時に飛躍的に記録が向上すると言うのが「応力開放理論に則った超強化トレーニング法」の基本理念なのです。

今回は余り細かい練習内容は公開は致しません。処で彼は10日ほど前の先日の3月2日(土)の夜の「応力開放理論に則った超強化トレーニング」のパーソナル指導では7pの高さの台上に乗ってのデッド・リフトではすでに210kgのバーベルを引き挙げていたのは、前の日記に書いた通りです。

従って3月13日(水)の夜のデッドリフトの強化トレーニングでは、彼と話し合って今回は少し趣向を変えて今夜は7pの高さの台上に乗ってのデッド・リフトで200kgを2回連続で引き挙げる試技に挑戦してみる事にしました。果たして!?結果は如何に!?残念ながら今回は200kgの重量を連続しての2回目の引き挙げには惜しくも失敗しました。確かに超強化トレーニングのパーソナル指導は常に真剣勝負です。毎回良い結果が得られる保証なんかありません。失敗した試技から学ぶこともたくさんあるのです。

しかし、圧巻はこの2回連続して引き挙げる事に失敗した後にS・O選手が取った行動でした。今夜は何のお土産も持って帰れないので?本当に悔しいです。だからいつもやっている強化練習が終了した後に実施している「3種の神器」による強化の為の更に強化練習の種目での扱う重量を増やした事です。70kgと75kgの重量を使っての2種類のコーディネーション種目を各々2セットづつ行いました。そして、最後は例の「コロコロ親父」の体幹部の強化種目も連続して2セット実施して終了しました。この様な意欲的な練習姿勢こそがやがて必ず良い結果を生み出してくれると信じています。今夜のヒゲ親父でした。


  本当に味わい深くそれでいて、少しだけ酸味の強い美味しいコーヒーを飲ませてくれる喫茶店が無くなりました。
Date: 2019-03-11 (Mon)
実は近頃とても残念に思う事がひとつあります。其のこととは?昔ながらの焙煎による美味しい味わいのあるコーヒーを飲ませてくれる喫茶店が殆んど無くなってしまったことです。

ヒゲ親父が高松市内にジムを開設して今年の12月で丸47年目が終了します。この間の約40年間近くも通い詰めていたジャズの音色が流れていた古ぼけたたたずまいのレトロなムードの喫茶店がありました。コーヒーには眼が無いヒゲ親父は毎日通う喫茶店を上記のジャズの流れている喫茶店を含めて3軒ほど持っていました。つまり、日替わりで3軒の喫茶店を順番に毎週2回づつ通う事をほぼ日課にしていました。

しかし、一番味わい深いコーヒーを飲ませてくれていて大好きだった喫茶店が時代の波と店主夫妻の高齢化が原因で2年前にその幕を閉じてしまいました。それを契機として2年前から今年にかけてヒゲ親父が通い続けていた残りの2軒の喫茶店も皮肉にも相次いで閉店してしまいました。かえすがえすも残念でなりません。まさに時の流れとはそう言うモノなのでしょうかね?

その原因の一つとして考えられることは今の世の中の不景気が拍車をかけている事も事実だと考えています。しかし、それ以上にコンビニを始めとして喫茶店以外の軽食スタンドの様なお店でもそれなりに味わい深くて美味しいコーヒーが安価で販売されている事実が大きな要因だと捉えています。酒もたばこもやらないヒゲ親父ですがコーヒーだけには眼が無いヒゲ親父なのです。家で飲むコーヒーも数えたら毎日最低でも5〜6杯は熱いコーヒーを飲むヒゲ親父です。

夏でも冬でもコーヒーと言えばとにかく熱〜いホットなコーヒしか飲みません。しかも少しだけ酸味の強い味のコーヒーが大好きなヒゲ親父なのです。しかし夏でも決してアイスコーヒー(冷コー)はまず飲むことはありません。今は非常に残念ですが?仕方なくジムの近くの全国チェーン店系列の喫茶店に通って少しまずいコーヒーを渋々飲んでいる今日のヒゲ親父でした。



 >>全記事リスト

超簡単!無料HP
Click Here!
   アバターでコミュニケーション!ココロもつながるオンラインゲーム@games
Original CGI:- Sun Board - System:- RAK2 -