「脂肪のバランス」とれてますか?
カナダから、すごい「オメガ3」届きました。
この感動をあなたに。



T O P
WHAT'S NEW
B B S
L I N K



カナダの大自然の恵みをあなたのもとに。



大自然のカナダよりすごいオメガ3系サプリメントが届きました。
商品名オメガゴールド


「オメガゴールド」はカナダ・ニューファンドランド州産のハープアザラシ油100%の
天然サプリメントです。ハープアザラシ油は高品質のEPA、DHAを多く含むだけでなく、魚油に比べて酸化に強く、魚油に含まれないDPAも含まれています。
(DPAは母乳から自然に生成される脂肪酸で、細胞の成長因子を多く含んでいます。)
100%ハープアザラシ油以外は何も入ってません。入っているとしたらカナダプライドです!とにかくすごいです!

こんな油があったらどうですか?
私たちの今までの油のイメージでは油は取れば取るほど太り、又血中コレステロールを上げるものだとしか思っていませんでした。が、なにやら真逆に、取れば取るほど痩せる血中コレステロールを下げる油があるみたいです。そんなのあったらよくないですか?
実はオメガ3系の油がその油です。

今、話題の「オメガ3」とは?
オメガ3」という言葉を聞いたことがありますか?「オメガ3」は正式には「オメガ3不飽和脂肪酸」といい、人間の体内で作ることが出来ないため、必須脂肪酸とも呼ばれています。青魚などに含まれている栄養素です。

オメガ3脂肪酸」は主に魚に含まれている成分で、頭が良くなるといわれる栄養素「DHA」や同じく魚に含まれ血液がサラサラになるといわれる「EPA」などはご存知の方もけっこういらっしゃると思います。さらに現代医学では100%不可能といわれる「血管壁の傷を修復する機能をもつ「DPA」も「オメガ3不飽和脂肪酸」で、この成分は青魚を主食としているアザラシなどにしか含まれず、「DHA」や「EPA」の10倍の作用をするといわれている注目の貴重な成分です。

WHO(世界保健機関)をはじめとするさまざまな公的保健機関が生活習慣病や肥満(メタボリックシンドローム)対策として、「オメガ3」の積極的な摂取を呼びかけています。

何故、オメガ3が注目を集めたか?
北方民族のイヌイットは、過酷な自然環境の中で、体温を維持するために大量の脂肪酸をとらなくてはなりません。しかも、野菜や果物が育たずほとんど食べません。なのに、他民族と比べ、むしろイヌイットのほうが動脈硬化や心筋梗塞などの心血管系疾患にかかりにくいという報告が出ています。世界的に知られる疫学調査や研究の結果、動脈硬化や心筋疾患が少ない理由はアザラシの油を日常的に摂取し、オメガ3によって体内の脂肪バランスがとれていることが徐々に明らかになってきました。




DPA(ドコサペンタエン酸)とはアザラシやクジラなどの海洋哺乳類の脂質に多く含まれる多価不飽和脂肪酸です。多価不飽和脂肪酸は水素との二重結合が構造上どの位置にあるかによりオメガ6(n-6系)とオメガ3(n-3系)に分類され、n-6系にはリノール酸系のベニバナ油、コーン油などがあります。またn-3系にはα-リノレン酸系の魚油(EPA、DHA)、シソ油などがあります。

DHAの1/10で効果的オメガ3(n-3系)脂肪酸であるEPAやDHAは、すでに心血管系疾患や動脈硬化、脳機能の改善に優れた作用を示すことが良く知られていますが、DPAもこれらと同系で、最近の研究ではEPAの10分の1の量(10倍)でEPAと同等以上の効果が認められるということが報告されています。

※DPAはアザラシなど海獣と呼ばれる哺乳類の脂質に多く含まれ、魚には少ししか含まれていません。また、アザラシに含まれるDPAは母乳についで高品質なDPAです。

DHA EPA DPAの多彩な健康機能
DHA、EPA、DPAは魚特有の栄養成分で牛豚、野菜、果物からは直接摂取できません


食生活の欧米化!?
日本人の食生活は、1960年代頃に大きく変わりました。食卓には肉類が増え、サラダ油やマーガリンの普及により、「オメガ6系脂肪酸」を摂る割合が激増したのです。食生活の変化によって私たちは油のバランスが大変変わりました。今、オメガ3の重要性が注目されています。私たちが健康を保つためには、オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸の割合を1:1の理想に近づける事が必要とされています。又、欧米では、サラダ油やマーガリン(トランス脂肪酸)が大問題になっています。今年に入りニューヨーク州はレストランでのトランス脂肪酸の使用が禁止になっています。みなさんはご存知でしたか?

サラダ油やマーガリン(トランス脂肪酸)の過剰摂取によりアトピーを激化/関節痛の痛みを強めたり、喘息、湿疹、感染症などの免疫反応が過敏になります。最近の研究では肝臓の黄疸、リウマチ、皮膚炎、花粉症、心臓、循環器系の疾患、脳血管障害全般、高血圧、ガン精神疾患、etc。あげればきりが無いくらいです。特に精神疾患の80%がオメガ3系の不足により起こるという研究結果もアメリカでは出ています。みなさんは大丈夫ですか?
自分も含め周りにこの症状に当てはまらない人のほうが少ないぐらいではないでしょうか?

●心血管系疾患の予防効果
魚介類やアザラシの油を摂取すると、DHA、EPA、DPAの生理作用により血栓ができにくくなる。これらの成分は赤血球の変形能を高める作用があり、毛細血管のすみずみまで血行がゆきわたり、血圧を軽度に下げる作用と血管を修復する作用があり、心筋梗塞などの予防が可能となります。

●動脈硬化の改善効果
一般に動脈硬化は20代から始まり加齢とともに進行します。動脈硬化促進因子はコレステロール、中性脂肪をはじめ高血圧も密接に関わっています。またタバコやアルコールの過飲、ストレスなども関係します。動脈硬化が脳動脈に生じれば、脳梗塞、痴呆、老人ボケ、冠動脈に生じれば心筋梗塞。腎動脈に生じれば透析が必要な腎臓病などの病気になります。

●脳の発達と脳機能の維持向上
妊婦がDHAを摂取すると妊婦の血液中に増えたDHAが胎盤を通過して胎児の脳に到達し、脳の発達を高めることが明らかにされています。アルツハイマー型痴呆症の人は脳の海馬のリン脂質中の高度不飽和脂肪酸が低くなることが分かっており、患者にDHAを一年間投与して臨床試験では全員になんらかの痴呆度の改善が認められています。

●視覚機能の改善
眼球の網膜のリン脂質中にはDHAが豊富に含まれ、視覚機能と深く関係していることが知られています。まだ不明な点が多いですが、眼によい影響を及ぼすことは確かです。

●抗腫瘍作用
●抗炎症作用・・・アレルギー性の炎症の軽減など
        医学博士 鈴木平光著「夢の薬効食品 シールオイル」より一部抜粋

具体的に上記の症状を持つ方々から、その有効性の声を頂いております。
3週間で8キロ痩せた」と不思議に思う声もこれにも、
ちゃんとした理由があるのです・・・!
最初は正直疑っていましたが、知人の母親が試しに飲んだところコレステロール値を抑える薬は飲まなくて良くなったそうです!ホントに私の周りから感動の声が届いてます!

カナダ州政府推奨商品。本物です!

メタボリックシンドローム対策にも最高です!!

*「オメガゴールド」はカナダ州政府推奨のオメガ3含有食品です。


メール、お問い合わせなどはこちらから!!...








RAK2ホームページ作成
>> 誰でも作れる、超!簡単な無料ホームページ
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?
成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。
  簡単!無料HP
  @games
  ゲーム特集
×