RAK2ホームページ作成
>> 誰でも作れる、超!簡単な無料ホームページ
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?
成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。
  簡単!無料HP
  @games
  ゲーム特集
×

    こころをそだてる 
           〜 伝えたい気持ち 〜               



プロフィール

<ごあいさつ>

二人の男の子(高校2年・中学3年)がおります。
次男は一般的には自閉症とよばれる障害がありますが、
自閉症ということにとらわれず「彼」自身を見つめてこれまでやってきました。
母子関係の築き直しと子どもの気持ちを受け止めること。

健常とか障害ではなく、その子に何が必要なのかという考え、
子育てと生き方を支えてくれた大切な出会いを紹介させて下さい。

☆☆どんなことを大切にしているの?☆☆ 

  『家族といて困らず生活できる・いっしょにいてお互いが安心・満足』

  当初、いわゆるパニック(そういう言葉は知らなかったのですが)が
  とってもひどくて、癇癪を起こしたり一度起こすと2時間くらい泣いて
  いたり喋らないし、呼んでも全く振り向かない、走って消えてしまうなど
  とにかく普通の生活が出来ない状態と関係の希薄さからスタートしたので
  このひどい生活と親子関係から抜け出せるならば、なんでもします!
  藁をもつかむ思いでの「親子関係・母子関係のやり直し」だったのです。
  
  この子といて幸せだなんて感じられる時がくるだろうか?
  家族が平穏に暮らせる日なんてくるんだるか?
  本当にこちらの気持ちが通じるようになるんだろうか?

  家族でいっしょにいても誰も困らず、この子さえいなければ・・・・
  なんて気持ちにもならずに穏やかに普通に暮らせること。
  先を急ぎすぎないこと。そんなことを心がけています。


☆☆同じ気持ちの仲間☆☆

  同じような気持ちで話せる仲間が本当に少しずつですが見つ 
  かって自分の気持ちをお互い確認しあえることがなにより嬉しく感じます。
  
  『焦らなくていいんだよね』『これでいいんだよね』
  その一言が欲しい時、やっぱり仲間が大切だと思うのです。



◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ 
 

☆☆子育てに関する本棚☆☆

『子どもの心を育てる』 学苑社 増井美代子・中台憲子・豊田晴子共著
  一番初めに出会った本です。この本と先生方に私と子どもは救われました。
  子育ての基本がここにあります。子育てに障害もなにも関係ありません。
  地域の「ことばの相談」でも先生方には大変お世話になりました。
 
『子どもの心と言葉を育てる本』リヨン社 田口恒夫
  何よりも母子関係を大切に考える先生のお話から多くを学びました。
  母子関係の良好さ=人としての良い育ちであり、可愛がって愛された子の
  育ちが豊かなものであると伝えてくださっています。

『受容による自閉症児教育の実践』 学研 石井哲夫
  受容的交流をすすめる石井先生のお話に出会ったのは「NHK療育相談」
  でした。MAMAの気持ち=見放さないで見守って・焦らずあきらめず・
  求めることは根気よく・愛する気持ちを忘れずに。を大切にしています。

『野に咲く花のように』クリエイツかもがわ 白石正久
  長く発達相談を続けてきた先生の温かい言葉のつまった1冊。
  これまでやってきたこと、これでよかったんだなぁ。
  と振り返って確認することのできた本です。



  * HP開設より6年目に入り、すっかり「受容」という言葉さえ
    最近では見かけなくなりました。
    田口恒夫先生の教えを何より基本に、石井先生の自閉症者への
    愛情を見習って、白石先生の書かれる子どもたちのけなげさ、
    発達のすばらしさに感激しています。
    
    「母子関係・受容」について興味のある方はコラムの中で
    少しずつお伝えしてきました。どうぞそちらをご覧ください。

 * 我が家は一般で言う「療育」はしていませんが、
    全般に渡っての否定ではありません。
    ご理解いただけると嬉しいです。











Click