ゆっくり楽しく仲良く毎日元気良く、人生は一度だけ大事に生きよう。
救急車脳梗塞患って、明るく生きる人生の為に!ホームページを
自営業(小売業)しながら、シニアライフでホームページ作成。
ご隠居さん気分で、楽しんで居ます。日記帳は爺&婆が勝手に書いています。

けいじばん[トップに戻る][使い方][記事管理]  ・・・[ 投稿フォーム ]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ





嫌な感じだ
投稿者: 2017/07/10(Mon) 15:51 No.112[返信]  
パソコン工房&マイクロソフトも駄目だった。


発電所
投稿者: 2017/04/13(Thu) 09:16 No.111[返信]  
活断層評価、結論出ず=調査の専門家、7日に再会合―大飯原発破砕帯・規制委
関西電力大飯原発(福井県おおい町)の敷地内にある岩盤の亀裂(破砕帯)に活断層の疑いが指摘されている問題で、原子力規制委員会は4日、2日に実施した初の現地調査の結果を検討する会合を東京都内で開いた。破砕帯が、活断層とみなされる約12万〜13万年前以降に動いた可能性が高いことでは一致したが、その原因が地震活動によるものかどうかで意見が分かれ、結論は出なかった。規制委は7日に再度会合を開き、関電からも意見を聞くことを決めた。
 会合では、調査団のメンバーで以前から危険性を指摘してきた渡辺満久東洋大教授が「敷地内に活断層があるのは確実」と断言。一方、重松紀生産業技術総合研究所主任研究員や岡田篤正立命館大教授は、現時点では結論が出せず、さらに調査が必要と指摘した。
 終了後、取材に応じた元地震予知連会長の島崎邦彦委員長代理は、破砕帯を含む地層が動いた時期が約12万年前より新しいとの認識で一致したと述べた上で、「活断層ではなく、仮に地滑りであれば(影響は)ごく小さな範囲なので大きな問題にはならない」と説明。「今の段階では、活断層と地滑りのどちらかに絞ることはできない」とした。
 規制委が破砕帯を活断層と判断すれば、全国で唯一稼働中の大飯原発は運転停止を迫られる事態になる。



社会は
投稿者: 2017/03/23(Thu) 03:45 No.110[返信]  
{こんな見方もあります}
民主主義/個人主義・国家主義・右傾化そして自己満で社会が混乱してくる、社会は相手があって成り立つのですから常に相手の存在が大事だ、今の存在は先祖が残して下さったのを子孫へ受け継ぐそれが我々現在の者はそんな役ありがあるのです、地球に水分が出来て空気が出来マメーバーの出現そしてそれが進化して生き残ったのが現在の動植物です、人間は生きも残った一動物にしかすぎません、ほんの小さな存在です。そんな小さな存在が敵味方に分かれて争っていたら将来人類が消滅をする可能性があります、今 世界にある核兵器だけで地球は壊滅をします、それは知っていますが実行が出来ないのは相手を信頼出来ないらです、心の絆で皆で助け合えば良いことなのです、世界で心の平和を求め会おうではありませんかそして現在唯物論が蔓延っている社会から脱皮してはどうでしょうか。


斉孝へ(国会での言葉)
投稿者:お爺ちゃん 2017/02/19(Sun) 19:05 No.109[返信]  
【国会議員の先生方 読み間違い 一覧】
 
(1)怪我−かいが
(2)完遂−かんつい
(3)焦眉−しゅうび
(4)順風満帆−じゅんぷうまんぽ
(5)措置−しょち
(6)思惑−しわく
(7)低迷−ていまい
(8)破綻−はじょう
(9)頻繁−はんざつ
(10)踏襲−ふしゅう
(11)前場−まえば
(12)未曾有−みぞゆう
(13)有無−ゆうむ
(14)詳細−ようさい
(15)云々−でんでん
(16) 画一的←がいちてき
(17) 唯一 ←ゆいち
(18) 内諾 ←ないしょ



信仰
投稿者:お爺ちゃん 2017/02/19(Sun) 04:40 No.108[返信]  
『一神教と多神教』
 我らの神は唯一絶対であるとするユダヤ教・キリスト教・イスラム教はユダヤ教から派生した。
近親憎悪というべきか。
骨肉の争いというべきか。
血で血を洗う争いを展開し、イスラエル対パレスチナやシーア派対スンニ派等の終わりのない戦いが続く。
歴史を振り返れば、世界は一神教を崇拝する宗教同士の戦場ではなかったのだろうかと思うこともある。
 何故、共倒れになりかねない終わりのない戦いを続けるのだろうか。
唯一絶体神は自分以外の神の排除を要求するから、熱心な信者は神の意思に従おうとして異教徒の絶滅に熱く燃え上がる。
イスラム過激派によると言われている9.11のテロも、米国のアフガンやイラクへの爆撃も、唯一絶体神の意向に添った異教徒に対する宣戦布告であり、イスラエルとパレスチナの終わりのない応酬も同じである。
唯一絶体神を崇拝する一神教同士の戦いは、石油利権を巡る戦い、基軸通貨ドルの防衛、資本主義対共産主義の冷戦等、宗教戦争とは異なる様相を呈することがあるが、根底に流れるのは独善的な一神教である。
結局は異者を排除する。
米国が唱えるグローバリズムも、実は異者を排除して米国のルールを押しつけようとするものであることがわかってきた。
一神教は一元主義とか普遍主義とか言うべきものだから、自分のルールを押し付け、世界を自分のルールで統一しようとする。
そのために戦争を仕掛けることは神の意思に添うのだと言われれば、多元主義で相対主義の多神教、あるいは無神教の仏教を信仰する日本人としては「そこまでやるのか、付き合っていられない」とウンザリする。
 古代エジプト・メソポタミア・古代ギリシャ・古代ローマ・中南米等は多神教国家だった。
今は神道・ヒンズー教・道教が主な多神教なのだろうか。
仏教に神はいないから、仏教は無神教なのだろう。
多神教は多くの神が存在するから多神教である。
神道なら山川草木すべてに神が宿る。
従って、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教・ヒンズー教・道教・仏教等の存在を肯定し、異文化・異宗教・異文明との共棲も可能となる。
 紀元前1280年頃、ユダヤ民族がシナイ山で神と契約を結んだらしいが、以来、世界は一神教の勢力拡大のための終わりのない戦いの歴史だった。
世界が必要としている宗教は、果たして一神教なのだろうか。
異者を排除する一神教に代わり、異者と共存し異者と共棲することができる多神教や仏教が世界を担う。
そんな時代になるかもしれないと思うのは世迷い事なのだろうか。
それとも異端として糾弾されることになるのだろうか。
記事No削除キー


フロム・エー・ナビ
無料着メロサイトめろりん♪
みなくるホーム
ハンゲーム



RAK2ホームページ作成
>> 誰でも作れる、超!簡単な無料ホームページ
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?
成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。
  簡単!無料HP
  @games
  ゲーム特集
×