WELCOME TO MY HOMEPAGE
児島宮系譜帳
どうぞ、ごゆっくりご覧下さい。


[ホーム] [書込み・記事の修正削除] [全記事リスト]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ

What's new

1ページ目に最新〜7件の新着情報、2ページ目に過去8件〜60件の新着情報が記載されます。



  越王勾践之后裔 植氏
Date: 2020-03-13 (Fri)
越王の后 春秋末期から王族後を越える領地を出して、都市名称を姓とすることに属します。 歴史書《志・氏族の略を通る》と《元と の纂》などに基づいて記載して、王後に植氏がいることを越えます。夏王朝時期は、主君の は康 の自分の庶子の 無が不足して封を余すほど地は、稽(今浙江紹興)ができることに都を定めて、これある国。踏むことを引き出す、名。

http://jp5000.com/zhia/newsSn/view/18946

源于姒姓,出自春秋末期越国王族之后的封地,属于以封邑名称为氏。 据史籍《通志·氏族略》和《元和姓纂》等记载,越王之后有植氏。夏王朝时期,君主姒少康将自己的庶子姒无余封于越地,建都会稽(今浙江绍兴),从此有越国。勾践,名

紹興禹陵村を測定したことのある でありいいます

王を越えて彼女を怒ってにらみつけたことを踏むことを引き出して一目で、 は玥に彼の威に急ぎであり勢いとしてさきほど話していません。 瞿穆は同じくほほえんでいて立ち上がって、さきほど彼はいままで王を越えて礼後を施す通り:“大王は、私によって彼らを見ることは同じくドローで、7のプリンセスははっきりした国へ行って彼らが身の回りで保護することができて、いる。

末代は王を越えることは1の子が待つことを余すことを押し切ることとすることを封じて、始祖ということを押し切って、1の子は のために待つことを封じる、鄒 の始祖。

无疆,又名无强,战国时越王,勾践六世孙,姒姓。

无疆在位时,越国国势江河日下。无疆欲重振越国昔日雄风,北伐齐国,建威中原。楚怀王二十三年,公元前306年,越王无彊和楚怀王共议讨伐齐国,但是楚怀王未出兵,引起了无疆的不满。齐国因为受不了越国的进攻,便与越王讲和,一起进攻楚国。越国刚和楚国交战便战败,越王无彊被杀,楚国吞并越国土地,越国灭亡。

无疆是勾践的六世孙,其世系为:勾践——鼫与——不寿——翁——翳——之侯——无强(无疆)
民族族群 华夏族

越王勾践【百科名片】 春秋末越国国君(前496年—前465年)在位。姓姒(因为是大禹的后代,所以姓姒),名勾践,
阳氏: 勾践(战国时封越王)→鼠与→不寿→翁→侨伯→侯→无疆(伐楚为楚威王所灭)→蹄(受氏始祖,封于乌程欧余山之阳,称欧阳亭侯,乃得姓之始也) 第二姓顾氏: 出自越王勾践的后裔。相传,大禹死后葬于会稽,他的儿子
夏少康之庶子封于会稽而有越国。勾践是春秋末越国国君,越王允常之子,公元前496〜前465年在位。勾践即位后,在夫椒一役中,遭吴国反击,兵锋大挫,退保会稽山,后用范蠡计向吴王夫差乞和。勾践返国后,卧薪尝胆,十年生聚,十年教训,锐意灭吴雪耻。后乘吴王夫差北上争霸之际,发兵袭吴,继以频繁的攻扰,至公元前473年,勾践一举灭了吴国。旋乘胜渡淮,大会诸侯于徐州(今山东滕州),称为霸主。周天子使人赐胙,命为伯爵。植氏是越王之后裔,但越始封于谁在史籍上无记载,而越王勾践复兴越国,称霸诸侯,乃春秋五霸之一,功勋殊可惊人,举措可泣鬼神,故后世植氏多尊勾践为其始祖。

徐州(今山東滕州)に、覇者と呼びます。週天子は 胙を使って、命は伯爵とします。植氏はでありほど王後子孫は、ただ初めて誰かに歴史書の無記載に封じて、ほど王は復興を踏むことを引き出して国は、制覇して諸候は、春秋5の覇の一つで、勲功は異なって驚異的で、措置は泣いてデーモンは、故後世の植氏何門かはその始祖とすることを踏むことを引き出します。

 江淮こうわい間(長江・淮水間)で意表をつく仁政を施したのち、越は会盟の盟主となり、諸侯に号令した。覇者となったのである。秦だけがこの会盟に参加しなかった。越王の盟主を認めなかったのである。

 にわかに勾践は、秦討伐の遠征軍を発した。直線距離で九百キロ、秦は遥か西方にある。

 范蠡は覇者を志す勾践と袂を分かち、斉に去った。のち鴟夷子皮しいしひと名をかえ、魚の養殖、農耕、家畜の飼育などをおこない、数年にして巨万の富を得た。さらにそれを斉の民に散じて、またいずこへか去った、という風のたよりが、越の地にも届いていた。

 その范蠡を、いまにして頼れと、勾践は遺言した。



http://www.jhlhsy.com/zuixin/13495.html



  造酒正従四位下菅原安孫是善為左京大夫文章博士、大宰府に、奏言ス
Date: 2020-02-19 (Wed)
造酒正従四位下菅原安孫是善為左京大夫文章博士、大宰府に、奏言ス新羅人、三人漂着、放棄、にて、でわの国法隆寺に、預かりおいて、清原真人長統為、山城国、月読社松尾南山社近く川辺に水留故移之、
、、
文徳実録八、
斎衛十三年書


文徳実録七
斎衛二年正月ー十二月書

十一月発、筑前国奏言ス、上座郡大領外従七位、市成
理郡、年久、善政、日聞、百姓同輩、謂之、不煩請外従五位。下積効ㇱヲ為、真従之、

文徳実録六
斎衛元年 十二月

文徳実録一

勘解由長官近江守臣、菅原朝臣是善、興前修史者、文章博士、天安二年八月、文徳実録十巻
https://books.google.co.jp/books?id=v-NWAAAAcAAJ&pg=PP62&lpg=PP62&dq=%E8%97%A4%E5%8E%9F%E4%B9%85%E5%B2%91&source=bl&ots=WX17ExoqEx&sig=ACfU3U2yBpocLQdBSgOCejA0LBZ6OlZx0Q&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwiP6vn1sN3nAhXTdXAKHcHjCYgQ6AEwB3oECAgQAQ#v=onepage&q=%E8%97%A4%E5%8E%9F%E4%B9%85%E5%B2%91&f=false
文徳天皇の代、嘉祥3年(850年)から天安2年(858年)までの8年間を扱う。略して文徳実録ともいう。
『天神門籍』とは、天神七代の後裔に、なっている。
上座郡大領前田臣市成、善政を賞さる。
(つくしのくに)の分割によって、筑後国とともに7世紀末までに成立した。7世紀後半のものと見られる太宰府市で出土した最古の「戸籍」木簡に「竺志前國」とある。
齊衡二年十一月癸丑、筑前國奏言ス、上座郡大領外從七位上前田臣市成。
郡荷比定地など各種の官衙跡というように、各地の遺跡に ... これらの木簡については、既に当該年度の発掘調査概報「大 大宰府政庁中軸線から西へ約三二〇メートルに位置するこの ... 田臣に関しては斉衡年間に筑前国上座郡大領として前田臣市成。
斉衡二年(855)、上座郡大領の外従七位上前田臣市成が「郡を理めて年久しく、善政は日に聞こへ、百姓も声を同じくす」
http://redbird.no-ip.info/archives/%E8%B3%87%E6%96%99/%E3%80%8E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%BE%B3%E5%A4%A9%E7%9A%87%E5%AE%9F%E9%8C%B2%E3%80%8F.htm
●『文徳実録』巻七斉衡二年(八五五)十一月癸丑《丙午朔八》◆十一月癸丑。筑前国奏言。上座郡大領外従七位上前田臣市成。理郡年久。善政日聞。百姓同声。謂之不煩。請假外従五位下。積効為真。従之。


  三好松永光源院義輝朝臣を弑す、宮家に逆心した、松永
Date: 2020-01-29 (Wed)
三好松永光源院義輝朝臣を弑する事
永禄八年(=一五六五年)五月十九日辰の刻(=午前八時ごろ)、室町将軍、足利義輝の館を囲んで乱入したので、防ぐ者たちは討たれたり、自害したりした。
足利周嵩のともをしていた十三、四歳の童がたちまちその平田和泉守を討ち取った。
尾張守護 斯波氏の一門たる平田氏が城主を務めるという。『尾張志』に平田氏の当主として平田伊豆守の名が見え、『信長眞記』には平田和泉守の名を載せるが、何らかの血縁か。
「平田兵庫頭系図」によると応仁の乱以前、亀山の関氏の勢力圏に平田氏の支配
も入り組んでいた。 平田氏は南勢北畠氏、江州佐々木氏とも通じて、威をふるった という。
平田直隣は応仁元年(1467年)天下の乱れを見て、城を海善寺より、
鈴鹿川南岸の枚田郷平田に移した。平田氏は賢元に至り、永禄11年、織田信長のために滅ぼさ
れる。
法号、剣武院殿前野州大守猛威大禅定門。
子、元綱は城を脱出し郎党を集めて報復の機会をうかがっていたが、天正8年、
(1580年)、病のため50歳で没した。

平田氏系図(平田菊蔵氏提供)平田喜国(海善寺城上野介)文安4年没
信雄分限帳にも平田大炊ナハ(九百貫)という人物があります。名古屋市:平田城、城主は平田伊豆守
「織田真記」にみえる平田源左衛門和泉守の一族か。
平田寺の過去帖に、『平田寺殿前泉州太守麟嶽宗竜大居士、元亀二年(1571)四月十八日薨とある。
清須城に居城した信長が築いた平田城があった平田。一説によると平田城周辺には、三河からの攻めを防御するためにお寺や神社を信長が作らせたといわれています。
元亀二年(1571)は元亀2年; 皇紀2231年
織田信長が京の町衆を集め東福寺(とうふくじ、京都府京都市)3月4日で茶会開催。
三好義継と松永久秀は)平田和泉(=大阪府南部)守という者を足利周嵩の迎えに遣わして、彼が北山(京都、鹿苑寺のある場所)を出たところを道中で討ち取った。だが、足利周嵩のともをしていた十三、四歳の童がたちまちその平田和泉守を討ち取った。
字は織田家の家臣であった平田和泉守の居城平田城の西に位置していたことから命名されている。比叡山延暦寺焼き討ち。
疑うこともなく平田和泉守に導かれて鹿苑寺門前から輿こしに乗り、人数にかこまれつつ坂をおりた。平田和泉守は輿こしに近づき、阿波なまりでこのようにいった。
平田和泉守は叫ぶや、周をひきよせ、その胸元を短刀で一突きに突き、すばやく首を掻かき切った。
永禄7年5月19日、松永久秀・久通父子と三好義継・三好三人衆によって将軍義輝が殺害され、周ロも松永らの命令を受けた平田和泉守に誘い出され、小姓とともに京都へ行く途中で殺害された。
城主は平田伊豆守とも平田和泉守とも平田源左衛門とも伝わりはっきりしない。本尊の薬師如来は、平田和泉守が祈念仏として安置したも
のと伝えられている。   
鎌倉時代の創建で、もとは天台宗であったが、徳川三代将
軍・家光の時代に改宗し臨済宗となる。
楽音寺  名古屋市西区平中町361http://www.horyo.jp/aichi/gakuonji/index.html
猿投神社の棟札に三宅筑前守平田家次という名があるのがもっとも古いものとされる。
三宅筑前守平田家次は、古代の三宅連の縁戚、末裔である児島高徳であるとする。 三宅神社の祭神を考証する 。
三宅連の縁戚で、
『新撰姓氏録』摂津国諸蕃,三宅連の中の一部. であると考えられる。三宅連は, r日本書紀Jに. よれば天武天皇12(683)年に連となっている。それまでは三宅吉士と称していた。摂津国西成郡は,吉士集団の本拠の一つ。
日本書紀によれば安閑天皇二年秋八月乙亥瑚に「詔置国国史辞典」の県犬養連の項にみえる竹内理三の説などがこれに属 ... 名式丹波国桑田郡三宅神社は吉田東伍「大日本地名辞書」によ 皇居勾金橋宮の故地である。
三宅氏は、かつて屯倉の管掌者であった一族。
三宅連氏は屯倉の管掌者として諸国に分布しており、筑紫三宅(三家)連氏は、『古事記』中巻の神武天皇段によると、多氏・少子部宿禰氏・坂合部連氏・阿蘇君氏同様、神八井耳命を祖先としている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%91%E7%B4%AB%E4%B8%89%E5%AE%85%E5%BE%97%E8%A8%B1
筑紫三宅連得許(とくこ)という人 今日は中大兄皇子の年表を作ってました。
宮家に逆心した、松永は、逆賊となっていて、裔は?
宇喜多氏(うきたうじ、うきたし)は、備前国の戦国大名。本来は、地形に由来する「浮田」姓と思われるが、嫡流は「宇喜多」(宇喜田)、庶流は「浮田」を称した。通字は代々「家」(いえ)、後に「秀」(ひで)を用いた。代々相伝の幼名は、宇喜多興家から宇喜多秀家の子・宇喜多秀規まで「八郎」が継承されている[3]。家紋は剣片喰(剣酢漿草)、他に雨竜や亀など。近世では五七の桐や五三の桐を用いている。旗紋は兒文字と考えられているが、剣片喰や唐太鼓も散見され、兒文字は他の武将の旗紋の可能性もある。
https://www.wikizero.com/ja/%E5%AE%87%E5%96%9C%E5%A4%9A%E6%B0%8F 他の説として、宇喜多氏を児島高徳の後裔とし、高徳を宇多源氏佐々木氏の一族[15]、あるいは後鳥羽天皇の皇子・冷泉宮頼仁親王の子孫とする説もある。
加地氏は、和田氏・児島氏・三宅氏とも繋がっていた。(備後守であったからだろ ... 児島範長の縁戚 東郷胤時はこう記していた、範長は今木範俊の子なりとて 児島と河野は一族にてと、あり本当は今木備後守高長とあり。 紀の家弘の処に居た。
【阿閇皇女縁戚表】 父 天智天皇 ... 古志郡 三宅神社二座 三宅氏祖神、天之日鉾命、同妻阿加流姫神 也、 事見 于但馬 ... 古志郡の三宅神社の祭神を考証したというより、三宅連の祖神を文献で考証した意味合いが強いと思われる。
竹田市史によると、それには「衛藤六」が、. 三宅名(みやけ・みょう)に「新方十」、平田名(ひらた・みょう)に五の土地を与。
明智光秀 出生地の碑光秀は明知遠山氏の縁戚といわれこの地で出生したと伝わる並んだ塔婆には敵は本能寺 。
三宅氏は共に畠山義総 没後の重臣合議(畠山七人衆)の一員。






















  西広瀬城が今川方の東広瀬城主三宅高貞等、三宅氏の諸将によって攻略
Date: 2020-01-29 (Wed)
天文23年(1554年)には、織田氏の西三河北部における重要拠点であった西広瀬城が今川方の東広瀬城主三宅高貞等、三宅氏の諸将によって攻略された。

東条吉良氏の家督に併せて西条吉良氏の家督も継ぎ、両吉良氏の合一を成していた。
東条松平氏の寄騎であった松井忠次は、碧海郡野寺原にてこれを迎撃、織田方は加茂郡西部へ侵攻しており、三宅氏の梅坪城を攻略した。
永禄元年(1558年)になると、三宅高貞ら三宅一族が寺部城主鈴木重教と共に織田方に寝返った。
今川義元は松平元康を将とする三河衆を討伐に派遣し(この戦いが元康にとっての初陣であった)、元康は火攻めを用いて寺部城を攻略、鈴木氏は再び今川氏に臣従した。さらに元康は中条氏の衣城を落とし、織田方に攻略されていた梅坪城を奪還すると、三宅正貞が守る伊保城を下し、三宅高貞の拠る東広瀬城も攻略した(正貞と高貞は同じ三宅氏ではあるが別流であるとされ、これ以後、正貞らは今川氏へ帰順したが、高貞は従わず、東広瀬城はのちに高貞が奪還したともされる)。またこの時、西広瀬城も元康の攻撃を受けたとされる。元康によって加茂郡西部の大部分は再び今川氏の手に帰し、義元は元康の武功を賞して三河山中の地と太刀を与えた。
、同年中には、松平家次の守る尾張国品野城も織田方による攻撃を受けるが、城兵の逆襲により大勝した。
梅坪城の松平家次、猿投城の恩大寺祐一に出陣を命じ、西広瀬城に入ると、城主の佐久間全孝からそう伝えられた。 「東広瀬の三宅と縁戚の家でしたな」 元々は応仁の乱の戦功により、御船の領地を賜った、児島右京亮を祖とする家です」
三河加茂(現豊田市)の寺部城、広瀬城、挙母城、梅坪城、伊保城を攻略(まさにトヨタ自動車の本社近辺である) 1560年(永禄3年)5月19 ... 家康の異父兄弟である三人の男子は松平姓を許され、久松松平家の祖となった。久松松平家の祖となった。(子孫に元NHKアナウンサー松平定知氏)
於大の久松家での次男源三郎10歳(後の松平康俊・家康の異父弟)が新たな人質となり駿府へ送られる。
1570年(元亀元年)冬 源三郎が家康の手引きで甲斐国を脱走
なんとか岡崎へたどり着いたが、凍傷で両足の指を失う
後に於大の三男松平定勝が豊臣秀吉へ人質に送られそうになったが、於大の強い反対にあって取りやめになった。家康の正室、築山殿の人生についてまとめてみたい。1542年( 1歳)父:関口親永、母:今川義元の妹 1549年( 8歳)5歳の松平竹千代(家康)が人質として駿府へ来る
1557年(16歳)松平元信(家康)と結婚
1559年(18歳)長男竹千代(松平元康)を出産
1560年(19歳)長女亀姫を出産
          桶狭間の戦いで夫家康が岡崎城に留まる1562年(21歳)家康が信長と清洲同盟締結。今川と敵対関係となる。
実父関口親永が今川氏真に切腹させられる。http://blog.livedoor.jp/aoki1162201/archives/51207696.html
松平 家次(まつだいら いえつぐ)は、戦国時代の武将。通称は監物丞。桜井松平家3代当主。
)、広畔畷の戦いで、家次は父・清定、酒井忠尚、榊原長政らと共に松平広忠と戦うが敗れる。翌年には忠尚は許され、家次の居城・尾張品野城(愛知県瀬戸市品野町)は忠尚の居城となり、品野城を明け渡す。天文22年(1553年)三河・下和田(愛知県岡崎市下和田町)の領地を巡り、主君・今川義元に訴え、東条松平家の松平忠茂と争うが、弘治2年(1556年)家次の敗訴に終わる。松平元康(徳川家康)の命で品野城に攻めてきた。永禄六年癸亥正月に、各々門徒衆寄合て、土呂・鍼崎・野寺・佐々き(崎)に取籠リて、一騎(揆)ヲヲコシて御敵ト成。(中略)。其耳弄、桜井之松平監物(家次)殿モ荒河(義広)殿ト仰被レ合て、別心ヲ被レ成けり。
松平信定(のぶさだ)の孫。清定(きよさだ)の子。桜井松平氏。徳川家康にしたがい,尾張(おわり)(愛知県)品野城をまもる。永禄(えいろく)6年の三河一向一揆(いっこういっき)では一揆側についた。同年7月29日(一説に7年)死去。通称は監物。https://kotobank.jp/word/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E6%AC%A1-1110353  松平 家次(まつだいら いえつぐ)は、戦国時代の武将。通称は監物丞。桜井松平家3代当主。
桜井松平家の家系. ... 生没年:1543-1577; 父:松平家次: 通称:与一郎; 正室:多劫姫(父:阿久比城城主 久松俊勝): 1577-1601 家広; 継室:綾乃(父:明智光秀). 松平忠吉. 生没年:1559-1582; 父:松平家次: 正室:多劫姫(父:阿久比城城主 久松俊勝) https://reichsarchiv.jp/%E5%AE%B6%E7%B3%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E5%AE%B6
筑前知家ー平田家次 家次─家宗─家位─家道─家久─家集─家吉 芭蕉の祖先と伝えられる弥兵衛尉平宗清も伊勢平氏正 ... 尊卑分脈』では右兵衛尉平季宗の子に記載されるが、その叔父にあげる筑前守家貞や家貞の子の平田冠者家。
三宅氏が三河国にその名を記すのは、猿投神社の棟札に三宅筑前守平田家次という名があるのがもっとも古いものとされる。譜代大名で挙母藩主となった三宅康貞の祖は、古代の三宅連の縁戚、末裔である児島高徳であるとする。 三宅神社の祭神を考証する。
[36] 後鳥羽院庁の書き下した、鷹尾神社は夜須の鷹尾墳墓につながるもの Date:2014-11-23 (Sun). 児島宮考古学 ... 三宅氏が三河国にその名を記すのは、猿投神社の棟札に三宅筑前守平田家次という名があるのがもっとも古いものとされる。新免氏当主は、新免伊賀守宗貫であった。新免氏は戦国末期の百年以上にわたり、作州吉野郡の竹山城を根城とした。 筑前守平田家次は櫛田宮にも連ねている 新免氏秋月藩黒田家の知行は同国下座郡に二千石という。新免氏当主は、新免伊賀守宗貫であった。新免氏は戦国末期の百年以上にわたり、作州吉野郡の竹山城を根城とした。 筑前守平田家次は櫛田宮にも連ねている 新免氏秋月藩黒田家の知行は同国下座郡に二千石という。
平田城(ひらたじょう)は、尾張国春日井郡平田村(現愛知県名古屋市西区城町)に所在した日本の城である。
城跡とされる場所には遺構はほぼ残らず、城の古井戸とされる井戸だけが残り、農家の宅地となっている[2][3]。付近には城の切という地名が近年まで残っていたというが、町名変更により現存しない[4]。城主は平田伊豆守(張州府志)[1]とも平田和泉守[2](尾張徇行記[3])とも平田源左衛門(織田真記)[1]とも伝わりはっきりしない。『日本歴史地名大系 23 愛知県の地名』130頁によると、平田氏の菩提寺でもあった平田寺に残る過去帳には「泉州大守」、つまり和泉守と記されているようである。
泉州大守
1564年(永禄7年)、平田城主であった平田和泉守が開基したと伝えられる[1][2]。開山は玄作。創立当初は天台宗であったが、1604年(慶長9年)、瀬戸赤津にある雲興寺から宗準和尚が中興の開祖として入り、曹洞宗に改めた。1599年(慶長4年)、豊臣氏より朱印地300石を受領したが、豊臣氏滅亡後に朱印地を失うと、1620年(元和6年)9月1日、徳川義直より黒印地52石を受領して、明治維新に至る。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E7%94%B0%E5%AF%BA
菩提寺はである平田寺の過去帖に、『平田寺殿前泉州太守麟嶽宗竜大居士。

 永享7年(1434年)平田喜国が将軍・足利義教の命による比叡山山法師撃退
に功があり、伊勢国奄芸、鈴鹿、三重郡にわたる所領を授けられ、海善寺城を
築いた。これは幕府が関氏、北畠氏らに当たらせるためであったという。
その後、長禄2年(1458年)直典に至ると、海善寺の西南4キロの阿野田にある
豊田志摩守元常の居城、栖原城を攻めて陥落させた。豊田氏は関氏一味の者で
この争いは国府氏の仲介もあって和議が整い、豊田氏はそのまま本城に居ること
になった。これより平田氏は南勢北畠氏、江州佐々木氏とも通じて、威をふるった
という。
ついで、平田直隣は応仁元年(1467年)天下の乱れを見て、城を海善寺より、
鈴鹿川南岸の枚田郷平田に移した。
このとき、鈴鹿川の水を引いて水田を開き、上流庄野村の民をして水源保護に
当たらせたという。平田氏は賢元に至り、永禄11年、織田信長のために滅ぼさ
れる。
法号、剣武院殿前野州大守猛威大禅定門。
子、元綱は城を脱出し郎党を集めて報復の機会をうかがっていたが、天正8年、
(1580年)、病のため50歳で没した。

平田氏系図(平田菊蔵氏提供)
1.平田喜国(海善寺城上野介)文安4年没

  平田則善
2.平田則武

3.平田直典(栖原城攻め) 長禄2年

4.平田直隣(応仁中平田城築城)

5.平田継隣(明応2年没)

6. 平田広実 下野守、大永6年上京 三好氏と戦う

7、平田元実 武田信玄と盟約

8.平田賢元 下野守、兵庫頭 永禄11年自刃

9.平田元綱 兵庫頭 天正8年没
名古屋市:平田城、城主は平田伊豆守、「織田真記」にみえる平田源左衛門和泉守の一族か。平田氏は守護斯波氏の一族といわれる。城跡には井戸が残っている。菩提寺はである平田寺の過去帖に、『平田寺殿前泉州太守麟嶽宗竜大居士、元亀二年(1571)四月十八日薨とある。
平田家では鷹の羽・橘・蔦紋などを使用している家々がありました。藩士由緒書の本が出版されておりますが、もしかしたら何か繋がり在るかも知れません。皆、尾張・伊勢あたりから召し連れていった家々ですから。http://www.hikoshima.com/bbs/heike/101000.html
平田:
清須城に居城した信長が築いた平田城があった平田。一説によると平田城周辺には、三河からの攻めを防御するためにお寺や神社を信長が作らせたといわれています。道仁寺、楽音寺、泉増院、十所神社に恵比須神社に八幡神社、白山神社に秋葉神社に平塚辨財天と、決して学区は広いわけではないのですが、数多くの神社とお寺が今も残されています。
「平田兵庫頭系図」によると応仁の乱以前、亀山の関氏の勢力圏に平田氏の支配も入り組んでいた。 平田城 https://www.iezo.net/tiikinavi/aichi/nagoya/0407.html

猿投神社の棟札に三宅筑前守平田家次という名があるのがもっとも古いものとされる。 ... 小牧・長久手の戦いなどに参陣して功を積み、天正18年(1590年)の家康の関東移封の際には武蔵瓶尻で5千石を与えられた。
【小牧・長久手の戦い/犬山城の戦い】 そのとき、信雄・家康・秀吉は。 2016-01-10 01:46: ... 犬山城主・中川定成は犬山より亀山・関に参陣。 蟹江城主・佐久間正勝、神戸城の林与五郎、その他には池尻平左衛門、深井も亀山峯・関に参陣しています。 https://ameblo.jp/kassenlab74/entry-12115952173.html













  東広瀬城攻め
Date: 2020-01-28 (Tue)
梅坪城の松平家次は 「東広瀬の三宅と縁戚の家
元々は応仁の乱の戦功により、御船の領地を賜った、児島右京亮を祖とする家。https://www.2chread.com/8519/1476600.html
御船城はその頃に、矢作川の西を流れる御船川を天然の堀として築かれた城だ。
東広瀬城城主、三宅光貞の父、三宅貞保が御船城には入っているが、御船城主はその娘婿の児島義高だ。
一方、
東広瀬城城主、三宅光貞の父、三宅貞保が御船城には入っているが、御船城主はその娘婿の児島義高だ。
於広の兄で、佐久間家の嫡男、長七郎秀孝という。
猿投城、梅坪城、金谷城周辺に配置されている警邏衆の一部と、安祥城にて訓練をしている軍事衆を西広瀬城へ呼び、西広瀬城の城兵六百と合わせて、約三千名で攻め寄せる。
酒井軍の内訳は、総大将に酒井忠尚。大隊長として松平家次、恩大寺祐一、中条常隆。
酒井忠尚の大隊を第一大隊とし、中隊長に忠尚家臣の榊原長政、本多俊正、大須賀康高、高木重正。
家次を第二大隊とし、中隊長に三宅政貞、細井勝宗、松原まつばら福池ふくち。
祐一を第三大隊とし、中隊長に元祐一家臣の猿渡勘鉄斎、吉良義昭、桜井さくらい親田ちかだ。
常隆を第四大隊とし、中隊長に米津政信、伊奈貞政、古居ふるいの嫡男、碧海へきかい広大ひろひさ。
更に小隊長として、藤井松平初代当主、松平利長の嫡男、松平信一や伊奈貞政の弟、伊奈忠家。元義昭家臣の大河内基高、元祐一家臣の二本松和仁らが居る。
渡河部隊の総大将を佐久間秀孝に任せ、公円と富永元忠を同行させている。
東広瀬城(標高87m)は児島高徳が築いたとされ、児島氏が代々居城し、児島氏末裔の三宅高清(児島氏十一代)が織田氏に属したため、永禄三年(1560年)に松平元康(徳川家康)に攻められ落城したと云われいます。http://www.aichiyama.com/SAN190.html
豊田市東広瀬町城下. 遺構等, 曲輪、堀、土塁、碑. 現状, 山林、広瀬神社. 築城年, 康永3(興国5、1344). 築城者, 児島高徳. 歴代城主, 児島、三宅. 形式,
小豆坂での敗戦に「危惧した信秀は、佐久間全孝に命じて広忠暗殺の命を下した」
植村新六郎が「八弥の眉間を叩き斬った」、八弥の首を「城門に晒し者にした」
「八弥は広忠の妾“於春”に恋慕した」「内藤清長の娘で内藤信成の母」
「天文23年(1554年)に主君暗殺の黒幕が佐久間全孝と知った松平家家老らは憤激し、義元の後盾で広瀬城に攻撃した」「松平軍と結託した御船・東広瀬城主の三宅高貞(右衛門太夫貞保)と三宅光貞(帯刀)らに攻められ、重行はついに居城に火を放ち自尽して果てた」
「帯刀=光貞」とするのは「猿投町誌」102項にある「猿投村史」の引用の誤読と思われます。ここでは「右近」を「光貞」と記しています。
広瀬城落城、高清は一族とともに死す。『松平記』

御船城、秋尾三の乱に賊の為に城郭は焼かれ城主三宅義高は死す。『千鳥寺旧記』より。=御船、亀首、加納の荘園を領す。『猿投村誌:大正4年西加茂郡教育会』より。
三宅出雲(長閑斎)は、秀満の実父ではなく、叔父(父の末弟明智光廉)で岳父秀満と三宅氏の関係は母方との関連のほか、姉妹が三宅氏に嫁いでいます。
明智光綱の嫡男が明智光秀とする。
1533年、阿部、鈴木、中条家と連合し松平清康と抗争が敗れる。1554年、佐久間家から西広瀬城を奪取。一門の三宅帯刀、三宅高清を城主とした。1558年、織田信長に通じ今川義元に攻撃される。1558年、松平元康に奪取された広瀬城を再奪取。
、梅坪城主三宅藤左衛門政貞より弓術
を習い、御船城主三宅帯刀からの攻撃を抑え、勝利を齎したと云われる。http://shiro200303.sakura.ne.jp/Takimi-jo.html
天文二十三年御船三宅貞保・光貞は、西広瀬の佐久間全孝の子長七郎の居城を奪い、御船を三宅帯刀に与えた。 永禄七年の戦乱にて城は焼失、城主義高は討死。 現在は、地方道11号線沿いの田の中に碑が残るのみ。 三宅氏が一万二千石の大名。水野 (三宅) 出典:寛政重脩諸家譜・文化9年https://abrj.web.fc2.com/0006/miyaketatewaki-mizuno.html
天文23年11月5日「御船ノ三宅右衛門太夫貞保 同名右近申合 佐久間全孝息長七郎ガ居城三州広瀬ヘ不意ニ取懸ケ乗取リ入城シテ御船ノ郷ヲバ三宅帯刀ニ与ヘ」(巻1 孕石竹千代殿ヲ悪口スル事 并ニ 三宅貞保三州広瀬城ヲ攻メ取ル事)。
和漢年代記 大唐年代記 7, 元禄2年, 三宅帯刀(隠甫)著。
1554年、佐久間家から西広瀬城を奪取。一門の三宅帯刀、三宅高清を城主とした。
倭漢歴代帝王備考大成, 「和漢歴代備考」(わかんれきだいびこう)日本と中国の年表、三宅帯刀著、












  五流尊龍院の頼宴大僧正で母が和田範長の娘
Date: 2020-01-18 (Sat)
和田備後守範長(児島範長)は児島高徳の実父は和田範長自身だとも、児島の五流尊龍院の頼宴大僧正で母が和田範長の娘だともいう。和田範長の
和田範長の室は、紀家弘の女で、紀家弘(通清)には娘が6人いた。その紀通清娘の内一人が、和田範長の室である。
母は広橋兼綱の女崇賢門院藤原仲子(実父は石清水八幡宮祠官紀通清)。応安四 ... 在位11年で6歳の皇子幹仁(もとひと)(後小松天皇)に譲位し,院政をおこなった。3代将軍足利義満の時代で,室町幕府の体制も安定し,明徳3年南北朝の合一がなった。
後円融天皇 ごえんゆうてんのう  1359*−1393
南北朝時代,北朝第5代天皇。在位1371-82。
延文3=正平(しょうへい)13年12月12日生まれ。後光厳(ごこうごん)天皇の第2皇子。母は藤原仲子(崇賢門院)。父のあと即位。在位11年で6歳の皇子幹仁(もとひと)(後小松天皇)に譲位し,院政をおこなった。3代将軍足利義満の時代で,室町幕府の体制も安定し,明徳3年南北朝の合一がなった。
令和天皇は、天皇では、なかった、日本の天皇は、天神裔しか、籍にならず、これは、三年前、浙江省の屏山で、越王しか、天神籍には、属していない事が、わかった。高徳が、越王こうせん、と、記載されていた事、天神籍で、天神籍が、天皇の、流れ、であった。天皇の裔でも、あった。

明治天皇南朝の歴史を踏まえればA今上陛下は山口の田布施の朝鮮女真族で、皇統には、なっていない、のである。
明治以降は、皇統が改竄されていたと、いう。天神以外は、天皇籍には、ならないのである。
四辻 善成(よつつじ よしなり)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての公家・学者・歌人。従一位左大臣。順徳天皇の曽孫。四辻宮尊雅王の子。関白・二条良基の猶子となり、その庇護を受けた。
児島宮が仙台伊達の九代の妹、が、児島満盛の妻に、なり、兄の室が、紀家弘(通清)娘であった事は、知られている。
満盛は児島正光の子であり、児島満盛と伊達の九代の妹が、伊予の、近衛中将助安(佐久間孫五郎)が、熱田神宮神官の推薦で、近衛中将になった事が、高徳の年代を、明らかにしている。





  三宅筑前守家次裔は新免と称し武蔵が生まれた
Date: 2020-01-18 (Sat)
為定の孫のひとり三郎頼直は平田氏を称しており、伊賀平氏の平田入道家継の跡地(没官領)である伊賀国山田郡平田郷を領した。伊賀平田郷は、新免と称し武蔵の生地。武蔵の親について、佐々木流で、あり、朝倉三奈木で没している。ここで、児島宮との関係が、不干斎や清原マリア(教秀院イト)と対面していた、新免武蔵の、関わりが、不干斎と、と、あった事が判る、本阿弥光悦の母である。
小牧・長久手の戦いでは池田恒興に属した。
不干斎は、柴野大徳寺の、天神児島墓、「高東院」を、細川に託したのは、細川ガラシャとの関係が、あった事を、現している。沢庵和尚は高東院に、在している。武蔵とも、関係していた事が判る。
遠祖、藤原裔、三宅入道家継は伊賀国山田郡平田郷に、在していた事が判る。末裔の明応2年(1493年)の猿投神社の拝殿の棟札には「大施主三宅筑前守家次」の名があります。
平家継 時代 平安時代後期 死没元暦元年7月7日(1184年8月14日) 別名平田家継、平田入道 主君平清盛 氏族 伊勢平氏
父母父:平家貞
兄弟
家継、貞能、家実
平 家継(たいら の いえつぐ)は、平安時代後期の武将。伊勢平氏の一族、平家貞の子。弟に貞能がある。伊賀国山田郡平田を本拠としたことから、平田家継、平田入道などとも呼ばれる。  武蔵の流れが、藤原氏だった。





 >>全記事リスト

超簡単!無料HP
Click Here!
   アバターでコミュニケーション!ココロもつながるオンラインゲーム@games
Original CGI:- Sun Board - System:- RAK2 -