WELCOME TO MY HOMEPAGE
鴻風俳句教室
どうぞ、ごゆっくりご覧下さい。


[ホーム] [書込み・記事の修正削除] [全記事リスト]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ

What's new

1ページ目に最新〜7件の新着情報、2ページ目に過去8件〜60件の新着情報が記載されます。



  17年十月句会作品と選句
Date: 2017-10-06 (Fri)
17年十月句会作品と選句
1:スタートを切る紅葉前線旭岳:梶鴻風:○江梅・千枝・明俊・富子・トシエ・清月/7
2:夕闇に色失へり紅葉山:大田 紀子:・花菜/1
3:降りしきる紅葉の中に彼岸見ゆ(寂光院):小森 豊水:・紀子/1
4:吟行の廃線跡や草紅葉:片山 明俊:千枝・豊水・紀子・利久・清月・雅・江梅・沙智/○8
5:渓流の崖に彩り蔦紅葉:石破 利久:○美秋・明俊・沙智/4
6:紅葉狩り岩間をくぐる水の音:林  江梅:・美秋・富子・花菜・鴻風/4
7:道端の狗尾草も紅葉す:村岡 雅:千枝/1
8:亡き夫と歩きし小径草紅葉:谷口 千枝:・利久・トシエ・雅/3
9:脚立下り確む樹勢薄紅葉:持田 清月:・利久・鴻風/2
10:アメリカへ挑戦球場初紅葉 (大谷君体に気を付けて):佐川 富子:沙智/1
11:青春の旅路を重ね紅葉狩:佐藤トシエ:0
12:お茶を手にチラシで選ぶ紅葉狩り:斜木 美秋:・江梅/1
13:七変化紅葉の衣の旭岳:若西 花菜:・豊水・美秋・富子/3
14:蔦紅葉樹這登り空までも:山口 沙智:千枝/1

15:花野発つ風あり種子よ飛び乗れよ:梶  鴻風:・雅・花菜・沙智/3
16:秋風や旅の鞄を友として:大田 紀子:・明俊・鴻風/2
17:風無くも朴の葉散る音秋の暮:小森 豊水:・紀子・トシエ・鴻風/3
18:風来の翅の傷みし秋の蝶:片山 明俊:○紀子・豊水・紀子・美秋・利久/6
19:人去りし風走る浜鰯雲:石破 利久:・明俊・富子/2
20:微風(そよかぜ)に揺れて枝垂れ柳散る:林  江梅:0
21:秋風を入れ短冊の筆を擱く:村岡 雅:○清月・明俊・トシエ・花菜・鴻風/6
22:川風も色なき風よ父母恋ひし:谷口 千枝:○利久・豊水・清月/4
23:せせらぎの風やはらかし花臭木:持田 清月:千枝・富子・紀子 /3
24:秋茄子とチーズでパスタミラノ風:佐川 富子:○トシ○雅○鴻風・清月・江梅/○8
25:潮風に自由に揺るる芒かな:佐藤トシエ:・美秋・雅/2
26:議会選めども建たず秋の風:斜木 美秋:・花菜/1
27:ジャケットにリック見慣れて秋の風:若西 花菜:0
28:秋風を追ひ風にして犬散歩:山口 沙智:・豊水・江梅/2
   


29:湖に円空佛を鎮る島(洞爺湖):梶  鴻風:・紀子/1
30:この村も山の向かふも曼珠沙華:大田 紀子:・豊水・富子・清月・雅・沙智/5
31:秋色の夕日を浴びて島暮れる :小森 豊水:・紀子/1
32:朝顔の伸びるつる先掴む空:片山 明俊:・利久・清月・江梅/3
33:離陸する眼下にみちのく豊の秋:石破利久:○明○千枝・豊水・紀子・トシ・江梅/
・沙智/○9
34:軒雫音ともならず秋時雨:林  江梅:・豊水・紀子・利久・雅/4
35:秋彼岸山法師の実は赤く熟れ:村岡 雅:0
36:生き方は風に任せて今年酒:谷口 千枝:・美秋・利久・富子・トシエ・雅・鴻風/6
37:赤い羽根数本上着のポケットに:持田 清月:・富子/1
38:とうきびをかいて保存の仕事済む:佐川 富子:0
39:サバンナの夕日のやうなり秋日暮:佐藤トシエ:0
40:秋晴れや機影揺さぶる旅ごころ:斜木 美秋:千枝/1
41:コンビニのコーヒーを手に零れ萩:若西 花菜:・清月・鴻風/2
42:秋の夜傘寿の同期と話し込む:山口 沙智:・花菜・鴻風/2

43:秋の森ことりことりと遊ぶ鳥:梶  鴻風:・トシエ/1・・計12
44:奥津城に手と手を合せ秋彼岸:大田 紀子:0・・計8
45:海峡へ炎えつ消え行く鰯雲 :小森 豊水:・美秋・明俊・江梅・花菜/4・・計9
46:稔り田や播磨の要姫路城:片山 明俊:・美秋・利久・清月・江梅・鴻風/5・・計22
47:裕次郎過せし小樽カンナ燃ゆ:石破 利久:○花菜○鴻風○沙智・千枝・美秋・明俊・トシ
・清月/11・・計26
48:一切の音なき過疎の星月夜:林  江梅:○豊水○富子・千枝・トシエ・雅・花菜/○8・
計16
49:鬼灯や今日一日も恙なく:村岡 雅:・紀子・明俊/2・・計9
50:月並みな女の暮し酔芙蓉:谷口 千枝:・豊水・明俊・利久/3・・計16
51:腰痛に広き歩幅や赤い羽根:持田 清月:0・・計6
52:長き夜に朱の線入りの季寄せ読む:佐川 富子:・美秋/1・・計10
53:理髪店の新築祝ふ秋の薔薇:佐藤トシエ:・富子・花菜・鴻風/3・・計5
54:曼珠沙華燃え咲く道の二人連れ:斜木 美秋:・鴻風・沙智/2・・計5
55:垣根越え零れ咲きたる萩の花:若西 花菜:・雅・江梅/2・・計7
56:紅葉の立山眺め機上へと:山口 沙智:千枝/1・・計6



17年十月句会の蜷さんの選句         到着順
谷口 千枝選
特 選:33:離陸する眼下にみちのく豊の秋
鑑 賞:みちのくから機上の人となり旅をされたことが分かりました。「豊の秋」実り豊かなみちのくの景色が目に浮かびます。
並 選:1・4・7・14・23・40・47・48・56

小森 豊水選
特 選:48番:一切の音無き過疎の星月夜
理 由:ゆっくり自転している地球の星月夜、音もを無くした過疎の里の様子をあらわしている。
並 選:4・13・18・22・28・30・33・34・50

太田 紀子選
特 選:18:風来の翅の傷みし秋の蝶
理 由:どこからともなくやってきた蝶々、春に生まれて秋風の吹く今、既に
翅が傷んでいて哀れな姿です。季節の移り変わりをしみじみと感じます。
並 選:3/4/17/23/29/31/33/34/49

斜木 美秋選
特 選:5:渓流の崖に彩り櫨紅葉
鑑 賞:櫨紅葉の真赤に燃える紅葉は格別です。渓流の崖を彩る風景が見える一句と思います。
並 選:6,13.18,25,36,45,46,47,52

片山 明俊選  
特 選:33:離陸する眼下にみちのく豊の秋
鑑 賞:東北秋田か花巻空港を離陸する機上より眺める眼下にコンバインが走り回り稲刈をする作業を見て日本の豊かさと平和を実感している様子を句にしておられると思いました。
並 選:1・5・16・19・21・45・47・49・50 

石破 利久選
特 選:22:川風も色なき風よ父母恋し
鑑 賞:川風にいつしか秋を感じさせられ、そこはかとなく優しかった父母のことを思い出し、愛惜の念に駆られたと云う秋思の句として頂きました。
並 選:4・8・9・18・32・34・36・46・50
佐川 富子選
特 選:48:一切の音なき過疎の星月夜
観 賞:「一切の音なき」が過疎をよく表現していると思いました。またその静けさが星月夜をより美しく感じさせます。
並 選:1、6、13、19、23、30、36、37、53

佐藤トシエ選
特 選:24:秋茄子とチーズでパスタミラノ風
鑑 賞:秋茄子のパスタにチーズをたっぷり。作者はきっとパスタ好きでお料理が上手そう。食欲の秋、食べ過ぎに注意をと心がけながらもついつい。今すぐにも食べたいと思わせる一句でいただきました。
並 選:1・8・17・21・33・36・43・47・48

持田 清月選
特 選:21:秋風を入れ短冊の筆を擱く
鑑 賞:短冊を書き終えほっとして、窓を開けたときに入ってくる風。その風には虫の声や金木犀の花の香りなどが感じ取れます。名月も見ることが出来そうです。
並 選:1:4:22:24:30:32:41:46:47

村岡  雅選
特 選:24:秋ナスとチーズでパスタミラノ風
鑑  賞:風の使い方がとてもユニークで面白いと思いました。風をどう使おうかとあれこれ悩みましたが、吹く風の事ばかり頭にあり、このような使い方に思い至りませんでした。とても素敵だと思いました。秋茄子とチーズのピザが大好きなので、パスタではありませんが、すぐ作って食べたいと思いましたので、特選に頂きました。
並 選:4、8、15、25、30,34、36、48、55、
林 江梅選
特 撰:1:スタ−トを切る紅葉前線旭岳
鑑 賞:大雪山の紅葉がはじまったと言うテレビ放送の美しい風景に釘付けになりま    した。その頃の神戸は残暑でまだ冷房していましたので・・・若い頃秋の北海道を五日間旅した時の感動が蘇り頂きました。
並 選:4・12・24・28・32・33・45・46・55


若西 花菜選
特 選:47:裕次郎過ごせし小樽カンナ燃ゆ
理 由:時代とともに知る人が減って行くのは寂しいことですが閉館もやむを得ないことでしょう。でも小樽博物館では寄贈されたものを展示しますし、小樽駅でも部屋を一つ展示スペースにしました。自動車一台の維持に年間100万円ほどかかるそうです。カンナの赤が印象的で素晴らしいと思います。
並 選:2・6・15・21・26・42・45・48・53

山口 沙智選
特 選:47:裕次郎過せし小樽カンナ燃ゆ:
理 由:裕次郎記念館が閉館になりました。数年前に記念館を訪れたときは鋤く-輪で見た裕次郎さんの若々しい長い足がぐっと浮かんで涙ぐんしまいました。小樽は裕次郎さんの思い出深い町です。
並 選:4/5/10/15/24/30/33/36/54

梶  鴻風選
6:紅葉狩り岩間をくぐる水の音:林  江梅:
  静寂な中での紅葉狩り。聞こえてくるものは岩間を潜る水の音だけである。
9:脚立下り確む樹勢薄紅葉:持田 清月:
  自画像であろうが、脚立に登って樹木の剪定。降りての樹勢確認とはなんの木か?
16:秋風や旅の鞄を友として:大田 紀子:
  鞄を旅のお供に湖北の旅行に行って来たという。寂しさの滲み出ている句だ。
17:風無くも朴の葉散る音秋の暮:小森 豊水:
  桐の葉や朴の葉は風がなくとも音を立てて落ちる。暮れゆく秋にふさわしい。
21:秋風を入れ短冊の筆を擱く:村岡 雅:
  市の文化祭に掲示する短冊を書かなければならない。
24:秋茄子とチーズでパスタミラノ風:佐川 富子:○鴻風
 ミラノ風とかナポリ風とかいうけれど、残念ながら食べたことはない。今度、富子さんに作ってもらおう。この句を特選としたのは「風」の使い方の巧みさにあるのだ。
36:生き方は風に任せて今年酒:谷口 千枝:
  どのように生きてみても人生たかだか80年。風に任せて生きようよ。
41:コンビニのコーヒーを手に零れ萩:若西 花菜:
  庭のていれに専心する作者。コンビニの珈琲を片手に休まないのだ。

42:秋の夜傘寿の同期と話し込む:山口 沙智:
  傘寿になられたということで同期会のため富山に行ってこられた。良かったですね。
46:稔り田や播磨の要姫路城:片山 明俊:
  薩摩の国の要が姫路城とは思ったこともなかったが、もっともなことですね。
47:裕次郎過せし小樽カンナ燃ゆ:石破 利久:○鴻風
戦後を共に生き抜いたという人は、なんと言っても、美空ひばりと石原裕次郎であろう。幼少期を小樽で育った裕次郎。その記念館も終りとなった。特選として戴く。
53:理髪店の新築祝ふ秋の薔薇:佐藤トシエ:
  利尻島で新しく理髪店が出来たとは嬉しいですね。バラも喜んで居るようです。
54:曼珠沙華燃え咲く道の二人連れ:斜木 美秋:
  夫唱婦随で二人連れの二人は奥様とと思うのです。ほのぼのとさせられます。

総合成績
一 席:26点:石破 利久:
二 席:22点:片山 明俊:
三 席:16点:林  江梅:
三 席:16点:谷口 千枝:

作品成績
一 席:47:裕次郎過せし小樽カンナ燃ゆ:石破 利久:特3並5=11点
二 席:33:離陸する眼下にみちのく豊の秋:石破利久:特2並5=9点
三 席:24:秋茄子とチーズでパスタミラノ風:佐川 富子:特3並2=8点
三 席:48:一切の音なき過疎の星月夜:林  江梅:特2並4=8点


  17年十月句会作品
Date: 2017-10-03 (Tue)
1 スタートを切る紅葉前線旭岳
2 夕闇に色失へり紅葉山
3 降りしきる紅葉の中に彼岸見ゆ(寂光院) 
4 吟行の廃線跡や草紅葉
5 渓流の崖に彩り蔦紅葉
6 紅葉狩り岩間をくぐる水の音
7 道端の狗尾草も紅葉す
8 亡き夫と歩きし小径草紅葉
9 脚立下り確む樹勢薄紅葉
10 アメリカへ挑戦球場初紅葉 (大谷君体に気を付けて)
11 青春の旅路を重ね紅葉狩
12 お茶を手にチラシで選ぶ紅葉狩り
13 七変化紅葉の衣の旭岳
14 蔦紅葉樹這登り空までも
15 花野発つ風あり種子よ飛び乗れよ
16 秋風や旅の鞄を友として
17 風無くも朴の葉散る音秋の暮 
18 風来の翅の傷みし秋の蝶
19 人去りし風走る浜鰯雲
20 微風(そよかぜ)に揺れて枝垂れ柳散る
21 秋風を入れ短冊の筆を擱く
22 川風も色なき風よ父母恋ひし
23 せせらぎの風やはらかし花臭木
24 秋茄子とチーズでパスタミラノ風
25 潮風に自由に揺るる芒かな
26 議会選めども建たず秋の風
27 ジャケットにリック見慣れて秋の風
28 秋風を追ひ風にして犬散歩
   1〜28番までで5句選

29 湖に円空佛を鎮る島
30 この村も山の向かふも曼珠沙華
31 秋色の夕日を浴びて島暮れる 
32 朝顔の伸びるつる先掴む空
33 離陸する眼下にみちのく豊の秋
34 軒雫音ともならず秋時雨
35 秋彼岸山法師の実は赤く熟れ
36 生き方は風に任せて今年酒
37 赤い羽根数本上着のポケットに
38 とうきびをかいて保存の仕事済む
39 サバンナの夕日のやうなり秋日暮
40 秋晴れや機影揺さぶる旅ごころ
41 コンビニのコーヒーを手に零れ萩
42 秋の夜傘寿の同期と話し込む
43 秋の森ことりことりと遊ぶ鳥
44 奥津城に手と手を合せ秋彼岸
45 海峡へ炎えつ消え行く鰯雲 
46 稔り田や播磨の要姫路城
47 裕次郎過せし小樽カンナ燃ゆ
48 一切の音なき過疎の星月夜
49 鬼灯や今日一日も恙なく
50 月並みな女の暮し酔芙蓉
51 腰痛に広き歩幅や赤い羽根
52 長き夜に朱の線入りの季寄せ読む
53 理髪店の新築祝ふ秋の薔薇
54 曼珠沙華燃え咲く道の二人連れ
55 垣根越え零れ咲きたる萩の花
56 紅葉の立山眺め機上へと
29〜56番までで5句選

   まずは、選者名を忘れないで書いてください。
  選んだ10句から、特選一句と鑑賞文(2〜300字で)
  並選9句の順でお書きください。
 


  17年九月句会選句集
Date: 2017-09-07 (Thu)
17年九月句会作品 作品・選句共に到着順です


1:鶴亀で飾る弁当敬老会:片山 明俊:斜木・石破・須山・鴻風・4
2:団塊と呼ばれし世代敬老日:石破 利久:○斜木・谷口・片山・林・5
3:敬老の日亡夫好みし豆を煮る:太田 紀子:石破・1
4:敬老の日明治気質の父偲ぶ:林  江梅:斜木・1
5:敬老日ランチタイムの祝膳:谷口 千枝:山口・1
6:立ちながら履ける靴下敬老日:持田 清月:谷口・片山・須山・佐藤・4
7:思い遣る父母なき忘る敬老日:佐藤トシエ:・小森・1
8:敬老の日孫子に振舞ふ回る寿し:若西 花菜:・佐川・1
9:敬老の日と思ふだけなにもなし:梶  鴻風:・林・1
10:敬老の日の母に届けし桐の下駄:村岡  雅:山口・谷口・鴻風・3
11:敬老の日行事も廃る時勢かな:斜木 美秋:片山・1
12:「戦友」に涙す爺の敬老日:小森 豊水:太田・山口・佐藤・持田・鴻風・5
13:老ひ父の野球談議や敬老日:佐川 富子:太田・須山・小森・若西・4
14:敬老会はるかに父母の齢越え:山口 沙智:石破・佐川・小森・若西・村岡・5
15:靴棚に詰める思ひ出敬老日:須山 千廣:・佐川・1

16:炎天下猿も潜める遊園地:片山 明俊:○石破・谷口・3
17:古地図手に訪ねる秋の小京都:石破 利久:○片山・斜木・須山・林・小森・鴻風・7
18:地場産の小芋の煮込み秋深し:太田 紀子:○小森・村岡・3
19:秋深し風の抜け行く夜の路地:林  江梅:太田・山口・鴻風・3
20:増えてゆく空き地と売地鉦叩:谷口 千枝:石破・持田・村岡・3
21:地下鉄の車両は赤し秋の風:持田 清月:・鴻風・1
22:丘陵地にパッチワークの秋美瑛:佐藤トシエ:山口・林・2
23:地味豊か蚯蚓涌き出る秋の畑:若西 花菜:太田・1
24:地球儀にとまりし秋の蠅飛べり:梶  鴻風:太田・佐藤・若西・3
25:台風禍十勝の畑地流さるる:村岡  雅:・林・持田・2
26:地這い胡瓜今日は五本と妻の笑み:斜木 美秋:・佐川・若西・村岡3
27:老いたれど地味色嫌ふ秋のシャツ:小森 豊水:○佐藤○佐川・片山・持田・村岡・7
28:掘り起こす地に馬鈴薯の眩し顔:佐川 富子:○持田・須山・佐藤・若西・5
29:無花果とプルーンは嬉し地の恵み:山口 沙智:・0
30:水爆地震台風恐怖三つ巴:須山 千廣:斜木・谷口・2


31: 忍者めく猫の行く屋根夕月夜:片山 明俊:○林○若西・石破・須山・小森・村岡・8
32:売家に下見の客や花木槿:石破 利久:斜木・片山・2
33:鰯雲琵琶湖一周電車旅:太田 紀子:○山口・谷口・石破・須山・佐藤・佐川・持田
・鴻風・9
34:身の丈に合った暮らしやねこじやらし:林  江梅:太田・小森・村岡・山口・4
35:北鮮の核・ミサイル秋桜:谷口 千枝:・鴻風・1
36:上陸の恐れ無くなり時刻表:持田 清月:・林・1
37:亡き友の夫へ絵手紙秋蛍:佐藤トシエ:太田・1
38:水爆の地を揺るがせる秋の陰(北朝鮮):若西 花菜:○谷口・斜木・佐藤・林・5
39:坪庭の天地を結ぶ竹の春:梶  鴻風:○須山○村岡・山口・石破・6
40:久々に出会ひし月は朧なり:村岡  雅:・0
41:時の風木槿の花を揺らしをり:斜木 美秋:大田・1
42:雨上がり秋気三分の風渡る:小森 豊水:斜木・佐藤・佐川・3
43:秋晴れやドライブしましょ道なりに:佐川 富子:斜木・1
44:視界には刈り取る前のこしひかり:山口 沙智:・鴻風・1
45:名で呼ばれ時めきおぼゆ薄紅葉:須山 千廣:・林・持田・村岡・鴻風・4

46:大昼寝妻は娘とコンサート:片山 明俊:石破・須山・小森・若西・持田・5計20
47:一房は試食の皿へ黒葡萄:石破 利久:・若西・1計15
48:残照に喪服の女そぞろ寒:太田 紀子:・小森・持田・2計15
49:彼岸花山ふところの里の墓:林  江梅:大田・山口・斜木・片山・石破・佐川・6計13
50:子規と父同じ忌日よ千切れ雲:谷口 千枝:山口・片山・2計7
51:投句には一句足らずやちちろ虫:持田 清月:・佐藤・佐川・2計8
52:影踏みの親子に秋の大夕焼:佐藤トシエ:○鴻風・須山・持田・村岡・4計8
53:ミサイルに安寧の秋遠ざかる:若西 花菜:谷口・林・鴻風・3計10
54:胡桃炒る電子レンジのチン待てり:梶  鴻風:・0計10
55:秋風や大砲の音窓ゆする:村岡  雅:・若西・1計6
56:逞しき雲の峰湧く昼下がり:斜木 美秋:・鴻風・1計6
57:夕焼けの家路をともに赤蜻蛉:小森 豊水:片山・若西・2計17
58:一日を惜しみなく咲く花芙蓉:佐川 富子:○太田・片山・佐藤・小森・鴻風・6計16
59:秋祭り越中おわら美しき指:山口 沙智:谷口・佐川・2計8
60:布引の滝背に火熾(おこ)す青年等:須山 千廣:谷口・1計8


太田 紀子選
特 選:58 :一日を惜しみなく咲く花芙蓉
理 由:一日花の芙蓉の朝白く、夕方にはピンク色になり、精一杯咲き、翌朝、ワイン色になって枯れている様子が目に浮かびます。
並 選:12/13/19/23/24/34/37/41/49

山口 沙智選
特 選:33:鰯雲琵琶湖一周電車旅
理 由:感じばかりの一句に感心しました。義妹が琵琶湖のそばの出身ですので、いつか私も琵琶湖一周の電車旅をしていたいと思っています。
並 選:5/10/12/19/22/34/39/49/50

斜木 美秋選
特 選:2:団塊と呼ばれし世代敬老日
理 由:超高齢化社会の到来を思い知らせれる一句。厚生年金、介護保険等払って来たのに今更社会保障費抑制と言いたくなります。
並 選:1,4.17.30・32.38.42.43.49.

谷口 千枝選
特 選;38:水爆の地を揺るがせる秋の陰(北朝鮮)
鑑 賞:今、世界中が恐れているものは、北朝鮮の水爆。その思いを季語「秋の陰」と表現されていることが巧いなあと思います。
並 選:2・6・10・16・30・33・53・59・60

片山 明俊選
特 選:17:古地図手に訪ねる秋の小京都
鑑 賞:小京都と云えば・・・武家屋敷や史蹟の残る城下町、金沢・飛騨高山・会津・萩・出石などが思い浮び、秋の観光や吟行には好適地・・足を運んで見たくなる。兼題「地」から古地図を発想しての句は巧みです。
並 選:2・6・11・27・32・49・50・57・58




石破 利久選
特 選:16:炎天下猿も潜める遊園地
鑑 賞:猛暑日が続き遊園地の猿山の主人公たちも岩陰に涼を求め姿を見せない。さすがの猿たちも毛皮を脱ぎたい思いをしているのではなかろうか。ユーモアのある句である。
並 選:1・3・14・20・31・33・39・46・49

須山 千廣選
特 選:39:坪庭の天地を結ぶ竹の春
鑑 賞:高級な旧家か旅館の坪庭に、青々と勢い良く伸びた竹が育っている。しみじみとこの狭い空間を見上ると、その先端はまるで天と地を結んでいるようだ。其処から、曼荼羅の世界が此処にもひろがっている。そんなことを思われたのではないでしょうか。
難しい句で間違って解釈していたら許してください。
並 選:1・6・13・17・28・31・33・46・52

佐藤トシエ選
特 選:27:老いたれど地味色嫌ふ秋のシャツ
鑑 賞:老いると地味な物を・・と思いがち。「明るい色の方が似合うよ」と言われ、その気になっている自分が重なりました。第?の人生、大いに好きな服装で身も心も弾ませ楽しみたいですね。同感の一句です。
並 選:6・12・24・28・33・38・42・51・58

佐川 富子選
特 選:27:老いたれど地味色嫌ふ秋のシャツ
観 賞:ぜひとも秋のシャツはきれいな色の物をお選びください。きっとお似合いだと思います。
並 選:8、14、15、26、33、42、49、51、59

林  江梅選
特 撰:31:忍者めく猫の行く屋根夕月夜
鑑 賞:危険な場所も忍者のように難なく歩く猫の状が、夕月夜の季語で見えてきて作者は猫の習性を良く観察していて心穏やかな光景の俳句に成っていて頂きました。
並 選:2・9・17・22・25・36・38・45・53

小森 豊水選
特 選:18番:地場産の小芋の煮込み秋深し
理 由:特別に美味しそうな小芋の味が思われました。地場産に味も秋も深くなっています。
並 選:7・13・14・17・31・34・46・48・58

若西 花菜選
特 選:31:忍者めく猫の行く屋根夕月夜
理 由:猫は室内で飼うことが多くなったので、自由に出歩く猫は今は珍しいですが、昔は出入り自由、一週間も帰ってこない猫を飼っていたものです。屋根の形も変わってしまったので、簡単に猫が屋根に上ることもできません。でもこの句からは切妻屋根のいえと植栽、そして空にかかる月、というノスタルジックな風景が浮かんできます。昭和レトロですね。
並 選:13・14・24・26・28・46・47・55・57

持田 清月選
特 選:28:掘り起こす地に馬鈴薯の眩し顔
理 由:馬鈴薯は、お天気のいい日に掘り上げそのまま半日畑に転がしておいて、乾燥させてから箱なりコンテナなどに詰めて仕舞う物ですが、そのほりたての転がしてあるジャガイモに目がいっているところに、新鮮さを覚えました。
並 選:12:20:25:27:33:45:46:48:52

村岡 雅選
特 選:39:坪庭の天地を結ぶ竹の春
鑑 賞:小さな素敵な坪庭に秋になって生き生きとした竹がきれいな緑ですくすくと伸び天と地を結びつけているように思われる。読んで心に情景が浮かんで素敵な句だと思い頂きました。
並 選:14.18.20.26.27.31.34.45.52.






梶  鴻風選 一行鑑賞
1:鶴亀で飾る弁当敬老会:片山 明俊:
 何で作られた鶴亀だろうと思う。それにしても弁当付きの敬老会とはうらやましい。
10:敬老の日の母に届けし桐の下駄:村岡 雅:
 過去の思い出か、現在のことはさておき、母上様に届けた桐下駄を思う。
12:「戦友」に涙す爺の敬老日:小森 豊水:
 鴻が若い日に飲み屋で「戦友」を歌っていた若者に、泣きながらやめろと訴えていた。
17:古地図手に訪ねる秋の小京都:石破 利久:
 鴻も古地図をもって古都を歩いたこともあった。今では5キロも歩けない。
19:秋深し風の抜け行く夜の路地:林 江梅:
 本州での路地と北海道での路地では道幅が違いが、夜の路地にはふぜいがある。
21:地下鉄の車両は赤し秋の風:持田 清月
 東京にも赤い車両の地下鉄があったか。この句を旅で得られた句と見たのである。
33:鰯雲琵琶湖一周電車旅:太田 紀子:鴻風特選
 紀子さんのこの句を特選とした。感じだけで、ひらがなだけで、カタカナだけで句を
作るのは簡単のように見えて難しい。鴻も挑戦してみたい。
35:北鮮の核・ミサイル秋桜:谷口 千枝:
 ナカテンを「核とミサイル」と読んだ。取り合わせの「秋桜」が顎ませてくらる。
44:視界には刈り取る前のこしひかり:山口 沙智
 山口さんの故郷は富山。視界に入る実り豊かな稲は「コシヒカリ」なのだ。
45:名で呼ばれ時めきおぼゆ薄紅葉:須山 千廣:
 「廣子ちゃん」と言われ胸のときめきを感じたのである。千廣さんは女性なのです。
52:影踏みの親子に秋の大夕焼:佐藤トシエ:鴻風特選
 童画を見るようなやさしさに包まれた句です。利尻島の夕焼けは日本にこれ以上の夕焼けはあるだろうかと思わせる光景である。その夕焼けの中で親子の影踏み遊びだ。
53:ミサイルに安寧の秋遠ざかる:若西 花菜:
 北朝鮮のミサイルには驚かされた。グアムへの修学旅行を中止した学校もありました。
54:胡桃炒る電子レンジのチン待てり:自句自解
毎朝クルミを食べている。鍋で炒るのが面倒でレンジにした。それだけの句。
56:逞しき雲の峰湧く昼下がり:斜木 美秋
 「逞しき雲の峰」はいいですね。九周も北海道も雲の峰はおなじでしょうか。
58:一日を惜しみなく咲く花芙蓉:佐川 富子:
 朝開いて夕方には散る。潔いと思いますね。一日が一生と思っても短い命ですね。

総合成績
一 席:20点:片山 明俊
二 席:17点:小森 豊水
三 席:16点:佐川 富子
次 席:15点:石破 利久・大田 紀子

作品成績
一 席:33:鰯雲琵琶湖一周電車旅:太田 紀子:特1+7=9点
二 席:31:忍者めく猫の行く屋根夕月夜:片山 明俊:特選2+並4=8点
三 席:17:古地図手に訪ねる秋の小京都:石破 利久:特1+並5=7点
三 席:27:老いたれど地味色嫌ふ秋のシャツ:小森 豊水:特2+並3=7点




  17年九月句会作品
Date: 2017-09-05 (Tue)
17年九月句会作品

1 鶴亀で飾る弁当敬老会
2 団塊と呼ばれし世代敬老日
3 敬老の日亡夫好みし豆を煮る
4 敬老の日明治気質の父偲ぶ
5 敬老日ランチタイムの祝膳
6 立ちながら履ける靴下敬老日
7 思い遣る父母なき忘る敬老日
8 敬老の日孫子に振舞ふ回る寿し
9 敬老の日と思ふだけなにもなし 
10 敬老の日の母に届けし桐の下駄
11 敬老の日行事も廃る時勢かな
12 「戦友」に涙す爺の敬老日
13 老ひ父の野球談議や敬老日
14 敬老会はるかに父母の齢越え
15 靴棚に詰める思ひ出敬老日
16 炎天下猿も潜める遊園地
17 古地図手に訪ねる秋の小京都
18 地場産の小芋の煮込み秋深し
19 秋深し風の抜け行く夜の路地
20 増えてゆく空き地と売地鉦叩
21 地下鉄の車両は赤し秋の風
22 丘陵地にパッチワークの秋美瑛
23 地味豊か蚯蚓涌き出る秋の畑
24 地球儀にとまりし秋の蠅飛べり
25 台風禍十勝の畑地流さるる
26 地這い胡瓜今日は五本と妻の笑み
27 老いたれど地味色嫌ふ秋のシャツ
28 掘り起こす地に馬鈴薯の眩し顔
29 無花果とプルーンは嬉し地の恵み
30 水爆地震台風恐怖三つ巴


31 忍者めく猫の行く屋根夕月夜
32 売家に下見の客や花木槿
33 鰯雲琵琶湖一周電車旅
34 身の丈に合った暮らしやねこじやらし
35 北鮮の核・ミサイル秋桜
36 上陸の恐れ無くなり時刻表
37 亡き友の夫へ絵手紙秋蛍
38 水爆の地を揺るがせる秋の陰(北朝鮮)
39 坪庭の天地を結ぶ竹の春
40 久々に出会ひし月は朧なり
41 時の風木槿の花を揺らしをり
42 雨上がり秋気三分の風渡る 
43 秋晴れやドライブしましょ道なりに
44 視界には刈り取る前のこしひかり
45 名で呼ばれ時めきおぼゆ薄紅葉
46 大昼寝妻は娘とコンサート
47 一房は試食の皿へ黒葡萄
48 残照に喪服の女そぞろ寒
49 彼岸花山ふところの里の墓
50 子規と父同じ忌日よ千切れ雲
51 投句には一句足らずやちちろ虫
52 影踏みの親子に秋の大夕焼
53 ミサイルに安寧の秋遠ざかる
54 胡桃炒る電子レンジのチン待てり
55 秋風や大砲の音窓ゆする
56 逞しき雲の峰湧く昼下がり
57 夕焼けの家路をともに赤蜻蛉
58 一日を惜しみなく咲く花芙蓉
59 秋祭り越中おわら美しき指
60 布引の滝背に火熾(おこ)す青年等

1〜30までで5句選
31〜60までで5句選
合計10句の中から特選1句を選び「特選」とし感想をお書きください。
 〆切り:7日正午までです。


  17年八月句会選句と鑑賞
Date: 2017-08-07 (Mon)
17年8月句写美俳句会
1:帰省待つ母の十八番の手こね寿司:石破 利久:紀子、富子、沙智、美秋、雅、トシエ、花菜・鴻風・8
2:帰省子を迎へる愛犬秋田犬:片山 明俊:利久・1
3:帰省の子父の墓前に長居せり:林  江梅:利久、美秋、雅、トシエ・4
4:帰省子の膝に老猫這ひのぼる:太田 紀子:豊水、清月・2
5:盆休み帰省せぬ子の幸憂ひ:小森 豊水:・0
6:よく喋りよく眠りたる帰省の子:持田 清月:○富子、雅、花菜、鴻風・5
7:好物のカステラ父に帰省かな:佐川 富子:・0
8:帰省子の好みのメニューをもう一品:山口 沙智:江梅、鴻風・2
9:帰省子と薩摩料理を食みし夜:谷口 千枝:・0
10:豪州の娘から帰省のメール来し:須山 千廣:○明俊・2
11:帰省子の姿形の都会めく:若西 花菜:紀子、沙智・2
12:友と会ひ島弁弾む帰省の子:佐藤トシエ:紀子、富子、江梅・明俊・4
13:帰省して慣れし自室に手足伸ぶ:村岡  雅:富子、豊水、千枝、トシエ・4
14:高速道帰省ラッシュは明日かな:斜木 美秋:豊水・1
15:帰省せず放浪の旅に出し愚息:梶  鴻風:○江梅、沙智、千廣、千枝・明俊・6


16:風蘭を飾る出格子蕎麦の店:石破 利久:紀子・・明俊・2
17:古書店の匂ひ振りまく扇風機:片山 明俊:○利久○美秋○千廣○トシエ、紀子、富子、雅、千枝、清月、鴻風・14
18:秋天へ銀杏並木の風の声:林  江梅:花菜・1
19:風鈴買ひ風も一緒に買ひにけり:太田 紀子:○豊水、沙智、千廣、鴻風・5
20:高層の谷間に強く風薫る:小森 豊水:・0
21:窓からの牧場の風や夏休:持田 清月:美秋・1
22:立秋や一人暮らしと風便り:佐川 富子:美秋・1
23:風の盆胡弓の音色と路地を行く:山口 沙智:・明俊・1
24:被災地の風評被害つくづくし:谷口 千枝:清月・1
25:踊りの輪抜けて団扇の風入るる:須山 千廣:沙智、利久、雅、トシエ、花菜・5
26:孫と乗る久のドライブ風爽やか:若西 花菜:・0
27:痛風の兄に十薬贈りをり:佐藤トシエ:豊水、千枝、花菜・3
28:「風樹の嘆」孫らに語る墓参かな:村岡雅:千廣、清月・2
29:青田風小波たてて渡り来る:斜木 美秋:江梅・1
30:やませ風荒れる漁師の胸深く:梶鴻風:利久、千廣、江梅、清月・千枝・5


31:仰ぎ見る皇帝ダリア空の紺:石破 利久:・明俊・1
32:余命とは生きる証や蝉しぐれ:片山 明俊:○沙智、利久、雅・4
33:気概まで老いては居らず暑に堪へる:林江梅:紀子、美秋・明俊・3
34:翡翠の飛びさり渓に色の無し:太田 紀子:・0
35:鬼百合は刈残されし山の墓:小森 豊水:富子、鴻風・2
36:切株に下ろせし腰や星涼し:持田 清月:江梅・1
37:バス走る娘とデート夏帽子:佐川 富子:・0
38:秋帰省傘寿を祝ふ同期会:山口 沙智:○千枝○清月、○鴻風・6
39:銀漢や夫の遺品の闘病記:谷口千枝:○鴻風、豊水、利久、江梅、・明俊・清月、トシエ・8
40:盆踊り夜更け膨るる浴衣の輪:須山 千廣:鴻風・1
41:百合の香の中の午睡や夢淡し:若西 花菜:雅、鴻風・2
42:短パンの駆けゆく少女片ピアス:佐藤トシエ:富子、沙智・2
43:青鬼灯空き家の庭にしかと立つ:村岡雅:千枝・1
44:見るだけで暑しと思ふ空の花:斜木 美秋:豊水、トシエ、鴻風・3
45:神々に間近き火の山花サビタ:梶鴻風:○紀子、豊水、利久、千廣、・明俊・雅、江梅、清月・9


46:遠くても持つ夢夏の甲子園:石破 利久:沙智、清月、花菜・千枝・明俊・5・計16
47:老鶯に耳貸す須磨の展望台:片山 明俊:利久、千廣、千枝・3・計22
48:酔芙蓉一日の命惜しみけり:林  江梅:富子、美秋、花菜、鴻風・4・計12
49:百日紅妣は一人居二十年:太田 紀子:富子、豊水、千枝、花菜・4・計11
50:池の面に浄土を現す蓮の花:小森 豊水:美秋・1・計3
51:鰻屋の主替るも一途なる:持田 清月:花菜・1・計8
52:海風や遠くにヨットの白き筋:佐川富子:紀子、鴻風・2・計3
53:娘と婿と仲良く見ている大花火:山口 沙智:○花菜、千廣・3・計12
54:語り継ぐ戦争の記憶終戦日:谷口 千枝:利久、美秋、雅、江梅、清月、トシエ・6・計15
55:遠花火音の消えたる街の闇:須山千廣:紀子、美秋・2・10
56:行く末は平穏なりや盆支度:若西 花菜:沙智、トシエ・2・計6
57:手花火や小さき紅緒に仄明かり:佐藤トシエ:○雅、紀子、富子、沙智、千廣、江梅・7・計16
58:絵手紙の暑中見舞いを病む友へ:村岡雅:千枝、鴻風・2・計9
59:夏バテや簡単レシピの冷奴:斜木 美秋:豊水・1・計6
60:立葵神の領域なほ遠し:梶鴻風:千廣、トシエ・2・計22

書き方例(書き方がまちまちなので書き方を示しておきます。)
梶 鴻風箋
特 選:1:帰省待つ母の十八番の手こね寿司
鑑 賞:200〜300字程度でお願いします。
並 選:数字が9個あることを確認願います。(特選を入れ10個)
 この順でお書きください。





太田 紀子選
特選:45: 神々に間近き火の山花サビタ
清楚なサビタの花が、咲き、遠景に火山が煙を上げている風景、目に浮かびます。その景色は神秘的な色どりを感じます。
並選:1.11.12.16.17.33.52.55.57

佐川 富子選
特選:6:よく喋りよく眠りたる帰省の子
観賞:帰省の句はどれも好きでしたが、特にこの句は生き生きと描かれていると思いました。
並選:1、12、13、17、35、42、48、49、57

小森 豊水選
特選:19番:古書店の匂ひ振りまく扇風機
鑑賞:古書店に通っていた時期があり(50年も前)地元の歴史関係の本を探していました。
昭和の匂いが思い出されます。当時は冷房も少なく扇風機の回る音と匂いを感じさせた良い句と思いました。
並選;4・13・14・27・39・44・45・49・59

山口 沙智選
特選:32:余命とは生きる証や蝉しぐれ
鑑賞:80歳になった私も余命はあと何年だろうかと考えています。煩いほどにジージーと鳴く蝉もまもなく鳴き止み土中に潜ることでしょう。生きているからこそ余命を考えることが出来るのですね。
 生かされている間を精一杯に動き回ろうと思います。
並選:1/11/15/19/25/42/46/56/57

片山 明俊選
特選:10:豪州の娘から帰省のメール来し
鑑賞:南の遠い国、オーストラリアに居られる娘さんから帰国すると云う知らせが来て大喜びをしておられる様子が思い浮び私も楽しくなりました。
 日本からは空路10時間以上の距離かと思いますので帰省も大変なことです。
並選:12/15/16/23/31/33/39/45/46

石破 利久選
特選:17:古書店の匂ひ振りまく扇風機
鑑賞:薄暗い古書店には少しかび臭い独特の匂いが澱んでいます。柱に取り付けられた古い扇風機       が軋みながらその匂いをか廻している様子を思い浮べ頂きました。
並選:2/3/25/30/32/39/45/47/54

斜木 美秋選
特選:17:古書店の匂ひふりまく扇風機
鑑賞:何回読み直しても雰囲気の伝わる一句だと思います。現代的な明るいクラ―の効いたに比べ何処とはなしに薄暗く専門の古書が積み上げられた奥に、一人老いた店主が店番してるしてる姿を連想します。クラ―でなく扇風機で一段と雰囲気でていると思います。
時々現代版古本屋に行きますが、綺麗で明るい店内は漫画が整然と並ぶ若者向け、此方の句は趣味もつ高齢者専門書が、うず高く積まれている店内想像します。
並選:1.3.21.22.33.48.50.54.55

須山 千廣選
特選:17:古書店の匂ひ振りまく扇風機
鑑賞:古本屋さんの奥に眼鏡を掛けた老人が座っている。入っていくと上目で見上げた。店の棚にいっぱいの本、老人の回りにも積んである。其の横で扇風機が首を振って古書の匂いを振りまいている。其処に染み込んだ昔ながらの落ち着いた雰囲気に安らぎを覚えます。良い句です。
並選:15/19/28/30/46/47/53/57/60
  
村岡 雅選
特選:57:手花火や小さき紅緒に仄明かり
鑑賞:暗くなった庭に小さな女の子が母と線香花火をしていて周りの縁側には、父親や祖父母たちがそれを眺めている。女の子が手にした線香花火がパチパチ光ると花火の仄かな明かりが女の子の履いている小さな紅緒を仄かに照らしている。そんな情景が心に浮かび繊細な感覚が心にひびきました。
並選:1.3.6.17.25.32.41.45.54.

林 江梅選
特撰:15:帰省せず放浪の旅に出し愚息
鑑賞:親が元気でいて、いろんな面で束縛されず、さすらいの旅が出来るのは時間と一人身でないと出来ないと思うから幸せな息子さんだと思う。我が家でも次男が横浜に居た頃休みを利用してオートバイで北海道を旅して来ると言って電話をして来た時にずい分心配した事を思い出しました。親は子供の顔を見ないと心配になるものですね。
並選:8・12・29・30・36・39・45・54・57

谷口 千枝選
特選:38:秋帰省傘寿を祝ふ同崩会
鑑賞:「秋帰省」この季語に魅かれました。「傘寿を祝ふ」八十歳おめでとうごさいます。「同朋会」どんなお友達なのでしょう。記念すべき会ですね。私達はこの秋、同期会(中学時代)を予定しています。後期高齢者の入り口に立った記念すべき年です。
並選:13・15・17・27・30・43・47・49・58
持田 清月選
特選:38:秋帰省傘寿を祝ふ同期会
鑑賞:上五の季語の使い方に新鮮さを覚えました。言われれば、夏休みを仕事の都合などで早めに取ったり、遅く取ったり。また最近では、秋のお彼岸過ぎになっても、夏日や真夏日になったりしています。
 そして80歳をお互いに祝いあう同期会、集まってきた人達の童心に帰った若々しいお顔。いいですね。会話は病気や薬のことよりも、孫自慢や曾孫自慢などに花が咲くことでしょう。
並選:4:17:24:28:30:39:45:46:54
若西 花菜選
特選:53:娘と婿と仲良く見ている大花火
鑑賞:幸せな毎日ですね。素敵です。
並選:1・6・18・25・27・46・48・49・51 

佐藤トシエ選
特 選:17:古書店の匂ひ振りまく扇風機
鑑 賞:身近にあるのはごく普通の本屋さん。街へ出ても古書店に足を運んだことがない。けれども句を詠んだ時に古書店の棚の配列と匂いを何となく感じとれた、古書店への憧れがあるからだろうか。今度は是非、足を運び直にその匂いを感じてみたいと思える句で、いただきました。
並 選:1、3、13、25、39、44、54、56、60


梶  鴻風選 一行鑑賞
 毎月とおり提出された4句の中から1句、鴻風の心に響いた句を選出して寡作としました。さらにこの中から特選句を選びました。
                          
1:帰省待つ母の十八番の手こね寿司:石破 利久
 何処で何を食べても母の味にかなうものは無いであろう。お母さんの得意料理は手こね寿司である。
6:よく喋りよく眠りたる帰省の子:持田 清月:
 これは父母と息子より母と娘の姿を彷彿とさせる。半年か一年の胸に溜まったものを伝えているのだ。
17:古書店の匂ひ振りまく扇風機:片山 明俊:
 古書店には本の臭いか黴の臭い独特の匂いがある。扇風機が回っても臭いをかき混ぜているだけ。
19:風鈴買ひ風も一緒に買ひにけり:太田 紀子:
 子さんの買った風鈴はなんだろう。ガラス、南部鉄、瀬戸など思い浮かぶ。「風も買う」の感覚が良。
35:鬼百合は刈残されし山の墓:小森 豊水:
 中国は山の頂上に寺がありそこに行くまでに墳墓がある。墳墓には花が咲いている。その景を思う。
38:秋帰省傘寿を祝ふ同期会:山口 沙智:特選
 「帰省」や「帰省子」の季語は夏の季語であるが、「秋帰省」とはこの作者の造語である。秋になったら傘寿になったことを記念して帰省するのである。皆さんお元気で集まることを期待しています。
39:銀漢や夫の遺品の闘病記:谷口千枝:特選
 鴻も肺癌と肺気腫で入院したときの記録を大きな紙袋に入れ取ってある。取っておいてもどうにもならないことはよく知っているが、捨てるに捨てられないのである。千枝さんも同じなのであろう。
40:盆踊り夜更け膨るる浴衣の輪:須山 千廣:
 今年は東京渋谷の繫華街でも盆踊りが復活したという。夜が更けると外人も浴衣で踊ったという。

41:百合の香の中の午睡や夢淡し:若西 花菜:
百合の花は香りのきつい。その百合の花の香りの中で昼寝にまどろんでいる。忙しい人である。
44:見るだけで暑しと思ふ空の花:斜木 美秋:
 美秋さんから青空に咲く百合の花の写真を頂いた。花も美しいが南国の空は燃えるように青い。
48:酔芙蓉一日の命惜しみけり:林  江梅:
 芙蓉と木槿を間違える人は多い。どちらも一日花である。花はどれもきれいである。
52:海風や遠くにヨットの白き筋:佐川富子:
 どこのヨットハーバーであろう。小樽が規模は大きい。鴻は一度もヨットに乗ったことはない。
57:手花火や小さき紅緒に仄明かり:佐藤トシエ:
 「赤い鼻緒のじょじょ履いて〜♪」の歌を思い出す。小さな女の子と手花火で楽しんでいるのだ。
58:絵手紙の暑中見舞いを病む友へ:村岡雅:
 雅さんは絵手紙というか絵を描く趣味をお持ちだ。お友達はきっと喜んでくださるでしょう。


総合成績
一 席:22点:片山 明俊
一 席:22点:梶  鴻風
二 席:17点:佐藤トシエ
三 席:16点:石破 利久
三 席:16点:谷口 千枝


作品成績
一 席:17:古書店の匂ひ振りまく扇風機:片山 明俊:特4並6=14点
二 席:45:神々に間近き火の山花サビタ:梶  鴻風:特1並7=9点
三  席:39:銀漢や夫の遺品の闘病記:谷口 千枝:特1並6=8点
三  席:57:手花火や小さき紅緒に仄明かり:佐藤トシエ:特1並6=8点
次  席: 1:帰省待つ母の十八番の手こね寿司:石破  利久:並7=7点

  





  17年八月句会作品
Date: 2017-08-04 (Fri)
1 帰省待つ母の十八番の手こね寿司
2 帰省子を迎へる愛犬秋田犬
3 帰省の子父の墓前に長居せり
4 帰省子の膝に老猫這ひのぼる
5 盆休み帰省せぬ子の幸憂ひ
6 よく喋りよく眠りたる帰省の子
7 好物のカステラ父に帰省かな
8 帰省子の好みのメニューをもう一品
9 帰省子と薩摩料理を食みし夜
10 豪州の娘から帰省のメール来し
11 帰省子の姿形の都会めく
12 友と会ひ島弁弾む帰省の子
13 帰省して慣れし自室に手足伸ぶ
14 高速道帰省ラッシュは明日かな
15 帰省せず放浪の旅に出し愚息
16 風蘭を飾る出格子蕎麦の店
17 古書店の匂ひ振りまく扇風機
18 秋天へ銀杏並木の風の声
19 風鈴買ひ風も一緒に買ひにけり
20 高層の谷間に強く風薫る
21 窓からの牧場の風や夏休
22 立秋や一人暮らしと風便り
23 風の盆胡弓の音色と路地を行く
24 被災地の風評被害つくづくし
25 踊りの輪抜けて団扇の風入るる   
26 孫と乗る久のドライブ風爽やか
27 痛風の兄に十薬贈りをり
28 「風樹の嘆」孫らに語る墓参かな
29 青田風小波たてて渡り来る
30 やませ風荒れる漁師の胸深く

1〜30番までで5句選

31 仰ぎ見る皇帝ダリア空の紺
32 余命とは生きる証や蝉しぐれ
33 気概まで老いては居らず暑に堪へる
34 翡翠の飛びさり渓に色の無し
35 鬼百合は刈残されし山の墓
36 切株に下ろせし腰や星涼し
37 バス走る娘とデート夏帽子
38 秋帰省傘寿を祝ふ同期会
39 銀漢や夫の遺品の闘病記
40 盆踊り夜更け膨るる浴衣の輪
41 百合の香の中の午睡や夢淡し
42 短パンの駆けゆく少女片ピアス
43 青鬼灯空き家の庭にしかと立つ
44 見るだけで暑しと思ふ空の花
45 神々に間近き火の山花サビタ
46 遠くても持つ夢夏の甲子園
47 老鶯に耳貸す須磨の展望台
48 酔芙蓉一日の命惜しみけり
49 百日紅妣は一人居二十年
50 池の面に浄土を現す蓮の花
51 鰻屋の主替るも一途なる
52 海風や遠くにヨットの白き筋
53 娘と婿と仲良く見ている大花火
54 語り継ぐ戦争の記憶終戦日
55 遠花火音の消えたる街の闇
56 行く末は平穏なりや盆支度
57 手花火や小さき紅緒に仄明かり
58 絵手紙の暑中見舞いを病む友へ
59 夏バテや簡単レシピの冷奴
60 立葵神の領域なほ遠し

31〜60番までで5句選

合計10句の中から特選1句の作品と鑑賞文をお書きください。

書き方例(書き方がまちまちなので書き方を示しておきます。)

梶 鴻風箋
特 選:1:帰省待つ母の十八番の手こね寿司
鑑 賞:200〜300字程度でお願いします。
並 選:数字が9個あることを確認願います。

 この順でお書きください。



  17年7月号 句会作品得点
Date: 2017-07-07 (Fri)
17年7月号作品
1:煩悩の未だある余生七夕竹:片山 明俊:○利久・紀子・清月・・4
2:億年の命引き寄せ星祭り:谷口 千枝:・江梅・トシエ・鴻風・・3
3:七夕に吊るす短冊子等の夢:村岡  雅:・利久・花菜・豊水・美秋・・4
4:幼子の短冊読めぬ笹飾り:小森 豊水:・明俊・清月・・2
5:星祭八十路の願ひはただ健康:山口 沙智:○江梅・美秋・・3
6:七夕の短冊に書く願ひなく:梶 鴻風:○豊水・・2
7:七夕の短冊の願ひ幼き日:佐川 富子・・0
8:短冊に不戦の誓ひ星祭:石破 利久:豊水・千枝・明俊・富子・花菜・雅・沙智・・7
9:日照雨去り七夕竹に一滴:太田 紀子:・利久・雅・・2
10:七夕の筆圧強き願ひ事:持田 清月:・千枝・富子・江梅・トシエ・雅・沙智・・6
11:幼稚園七夕飾りにお菓子名:斜木 美秋・・0
12:過疎の村ひそやかなれど星祭:林  江梅:・紀子・雅・鴻風・・3
13:七夕や揃いの下駄に赤い鈴:佐藤トシエ:・利久・清月・・2
14:短冊を飾り七夕縁結び:若西 花菜:・鴻風・・1

15:航法灯西へ流れる夕端居:片山 明俊:・千枝・・1
16:夕端居黄泉の人等と会話せり:谷口 千枝:・花菜・江梅・トシエ・・3
17:祖母語る昔話や夕端居:村岡  雅:○紀子・花菜・美秋・沙智・・5
18:六階の端居に見へる淡路島:小森 豊水:・千枝・・1
19:端居して夕べの風にほつとする:山口 沙智・・0
20:妣のこと伯母と話せる端居かな:梶  鴻風:○トシエ・雅・清月・・4
21:公園に見知らぬ犬と夕端居:佐川 富子・・0
22:親父似と云はれる背中夕端居:石破 利久:○明俊・豊水・紀子・富子・江梅・トシエ・美秋・花菜・清月・鴻風・・11
23:端居して亡き娘の齢数へをり:太田 紀子:・明俊・美秋・利久・鴻風・・4
24:夕端居迎ふる人は娘婿:持田 清月:○鴻風・富子・・3
25:縁先で将棋差しゐる端居かな:斜木 美秋:・千枝・明俊・鴻風・沙智・・4
26:生き克ちし八十半ばの端居かな:林  江梅:○富子・豊水・紀子・雅・・5
27:留守宅の端居に戯る猫二匹:佐藤トシエ・・0
28:花の香に日暮れの庭の端居かな:若西 花菜・沙智・・1






29:テント張る雨中の神事海開き:片山 明俊:○美秋・豊水・利久・清月・鴻風・・6
30:砂浜の老若男女海開き:谷口 千枝:・・0
31:海酸漿少し塩っぱくギュウと鳴る:村岡  雅:・沙智・・1
32:海の日や特攻自爆の悪夢見ゆ:小森 豊水:○千枝・雅・清月・沙智・・5
33:海の日や砂の暑さに疲れ果て:山口 沙智:・紀子・江梅・美秋・鴻風・・4
34:海渡る旅にあこがれ雲の峰:梶  鴻風:・紀子・トシエ・雅・清月・・4
35:海の色夏空映し青となる:佐川 富子:・トシエ・・1
36:黒南風の波のいたぶる海蛍:石破 利久:・明俊・・1
37:瀬戸の海もれなく染める大夕焼:太田 紀子:○雅・豊水・富子・花菜・美秋・沙智・・7
38:年毎に数の減り行く海の家:持田 清月:・明俊・1
39:海開き小学生は歓喜せり:斜木 美秋・・0
40:心澄めば海鳴りきこゆ夏の雨:林  江梅:・富子・花菜・雅・・3
41:潮風乗せカヤック巡る夏の海:佐藤トシエ・・0
42:海猫の鳴き声くぐもる梅雨最中:若西 花菜:・利久・富子・トシエ・江梅・・4

43:失せてゆく淀の中洲や男梅雨:片山 明俊:・千枝・利久・紀子・・3計14
44:来世また夫と暮らせば合歓の花:谷口 千枝・・0計6
45:傘三本差しかけ牡丹の花の守り:村岡  雅:豊水・富子・江梅・・3計13
46:花街の紅灯に似る紫蘭かな:小森 豊水:・花菜・江梅・・2計10
47:冷奴夕餉の膳のもう一品:山口 沙智:・富子・・1計8
48:梔子の花芳しき夜のしじま:梶  鴻風:・千枝・明俊・利久・江梅・・4計14
49:夕立やそろそろ夕餉のしたくしよ:佐川 富子:○清月・鴻風・・3計4
50:みずみずし光りを零す青葡萄:石破 利久:・明俊・・1計20
51:夜半の雨集め逆巻く梅雨の川:太田 紀子:○花菜・・2計15
52:草刈機小石諸共跳ね飛ばす:持田 清月:・千枝・紀子・美秋・江梅・・4計14
53:美しき揚羽飛びたつ百合花:斜木 美秋:・花菜・沙智・・2計6
54:寂寞(じゃくまく)と卓上の書や半夏雨:林  江梅:・利久・トシエ・・3計14
55:大の字で眠る児に添ひ夏座敷:佐藤トシエ:○沙智・豊水・明俊・紀子・雅・花菜・美秋・鴻風・・9計11
56:七夕に生まれし漢に米寿来る:若西 花菜:豊水・千枝・トシエ・清月・・4計10

総合得点
一席:20点:石破 利久:
二席:15点:太田  紀子:
三席:14点:片山 明俊:
三席:14点:林  江梅:
三席:14点:持田 清月
三席:14点:梶   鴻風:   実力伯仲がよく分かる

作品高点句
一席:22:親父似と云はれる背中夕端居:石破 利久:11点:特1並9
二席:55:大の字で眠る児に添ひ夏座敷:佐藤トシエ:9点:特1並7
三席:37:瀬戸の海もれなく染める大夕焼:太田 紀子:7点時1並5
三席:8:短冊に不戦の誓ひ星祭:7点:石破 利久:並7

 >>全記事リスト

超簡単!無料HP
Click Here!
   アバターでコミュニケーション!ココロもつながるオンラインゲーム@games
Original CGI:- Sun Board - System:- RAK2 -