神戸学院大学 CLOVER
(有瀬キャンパス・ポートアイランドキャンパス)


[ホーム] [書込み・記事の修正削除]


FC2WEB

みなくるビデオ

みなくるホーム
 
アットゲームズ

What's new

1ページ目に最新〜7件の新着情報、2ページ目に過去8件〜60件の新着情報が記載されます。



  練習試合対STYLE(京都橘大学)
Date: 2008-05-06 (Tue)
朝早く出発して京都へ行った。
1試合目いくつかチャンスを潰しつつも打線が繋がり、CLOVERペースで試合は進んだ。
先発坂田も調子がよく5回をほぼ完璧に抑えた。
しかし、6回から登板のCLOVER1回生投手の西田に対し、終盤さすがのSTYLEも追い上げを見せた。
7点差あった点差も2点差まで追い上げられたが、守備のファインプレーもあって逃げ切り、勝利をあげた。

2試合目先に2点を先制されるも先発岩崎が悪いながらも要所を抑えるピッチングで5回を2点に抑え、武田へと繋いだ。
その後、武田は2回を打者6人で抑えた。
打線の方は、1点ずつ返し、新田の3塁打をかわきりに終盤ようやく同点に追いついた。
しかし、後1点が遠く引き分けた。

今シーズンようやくみんなの調子も上がってきた。
昨シーズンまでは、先制されると追いつけないことが多かった。
しかし、今年に入ってからは、先制されてからの逆転勝利、追いついての引き分けが増えてきた。
このように、粘り強い野球ができるようになってきた今、今シーズンすごく楽しみになってきた。


  新入生歓迎試合
Date: 2008-05-02 (Fri)
心配されていた雨も降らず予定通り始まった。
毎年恒例のこの行事、新入生歓迎試合は現CLOVERvs新入生CLOVERの試合が行われた。

1試合目は現CLOVERの先行で始まった。
お互い譲らず投手戦となった。
しかし、現CLOVERがランナーを2塁におき、岩尾のタイムリー2塁打で1点を先制した。
そのまま試合は終盤まで進み、新入生CLOVERが3塁打を放ち、犠牲フライで同点に追いついた。
そのままお互い譲らず、今年の新入生歓迎試合は同点で終わった。
2試合目は現CLOVERが初回に10点をとるなどで、現CLOVERが快勝した。


  舞洲杯
Date: 2008-05-01 (Thu)
対GEIKO(神戸芸術工科大)
舞洲杯第3戦目負けると後がなくなるということもあり、みんな気合が入っていた。
ピッチャーは右のエース坂田でもなく、左のエース岩崎でもなく、武田が先発をした。
5回を0点に抑え、初回先頭の山口のヒットを筆頭に打線が大爆発し、7点をとって5回コールドと快勝した。


対ピストンズ(立命館大)
今大会優勝候補のピストンズが相手で、みんな気合が入っていて、目の色が違った。
初回先頭の桑原が倒れた後、2番武田の2塁打、4番上村のヒット、5番田中のレフト頭上を越える2塁打で、相手の立ち上がりを攻め2点を先制した。
その後岩崎がきっちりと0点に抑え、最終回右のエース坂田へと繋いだ。最終回坂田がきっちりと3人で抑え、岩崎、坂田の好投で接戦をものにした。


  舞洲杯
Date: 2008-04-28 (Mon)
対Sulump(京産大)
舞洲杯初戦ということもあり、若干みんなに緊張感があった。
2回に1点を先制されたが、その裏に3点をとられた。
その後は岩崎が好投し、0点に抑えた。
打線はそれにこたえ、5回に追いつき逆転した。
6回にも4点をあげ、終わってみれば、8対3と快勝した。


対COSMOS(神院大)
初回に1点を先制した。
しかし、ミスも絡み逆転せれた。
そのまま点をとることができず、坂田の好投にこたえることができず、敗戦した。


  入学式
Date: 2008-04-02 (Wed)
4月2日神戸学院大学で2008年度の入学式が行われました。
11:30に集合して新入生を勧誘しました。
みんなやる気でした。
今年も新入生が入ってくるのが楽しみです。


  練習試合in京都
Date: 2008-03-29 (Sat)
CLOVER、立命館ピストンズ、京産大ブルズで試合の予定でした。
しかし、先方が球場をとれなかった為、中止となりました。


  練習試合対関西選抜2007
Date: 2008-03-06 (Thu)
3月6日に関西選抜2007と練習試合をしました。

カレッジまでの最後の試合であり、好投手の酒井のいるチームということもあり、みんな気合が入っていました。

1試合目は立ち上がりにエラーが絡み1点を先制されました。その後、両チーム譲らず最終回の7回まで1対0で進んだ。7回裏3番岩尾の右中間への二塁打でチャンスを作り、4番が倒れ、5、6番が四死球をえらび、二死満塁で7番田中のボテボテのサードゴロを三塁手がはじき二塁ランナーがホームへ帰り、逆転サヨナラ勝ちをおさめた。一方、投手陣の方は先発の坂田が3回を1点に抑え、続く岩崎が3回を無失点に抑え、3人目の桑原が1回を無失点に抑える安定した投手リレーを見せた。

2試合目は相手投手の立ち上がりを攻め、初回に1点を先制した。しかし、3回に先発桑原が捕まり大量5点をとられた。その後、西村、岩尾へと繋ぐ投手リレーで無失点に抑えたが、大量失点の影響が大きく、1点しかかえすことができず、敗戦した。

カレッジまでの練習試合がすべて終了したが、投手陣はかなりの安定感を感じられる。
一方、打撃の方では心配されていた得点力もでてきた。守りの面でもエラーも少なく全体的にだいぶまとまりがでてきた。

10日からのカレッジリーグが非常に楽しみになってきた。


超簡単!無料HP
Click Here!
   アバターでコミュニケーション!ココロもつながるオンラインゲーム@games
Original CGI:- Sun Board - System:- RAK2 -