WELCOME TO MY HOMEPAGE
児島宮系譜帳
どうぞ、ごゆっくりご覧下さい。



概  要  紹  介

頼仁親王(冷泉宮・児島宮)
児島 高徳(兒嶋 ・こじま たかのり、生没年未詳)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した
三郎、備後三郎で、備後守とも呼ばれる
高徳は三男であり、長兄に僧・宴深、次郎範重下に妹が一人居る

「天莫空勾践 時非無范蠡」(天は古代中国の越王・勾践)先祖のいましめ、とした。

後鳥羽天皇の後であるという
後鳥羽上皇の第四皇子・冷泉宮頼仁親王が備前国児島へと配流となり、その孫の僧・頼宴の子という

「太平記」の中では、児島備後三郎高徳、小島備後三郎、児島三郎高徳、児島備後守高徳、三宅三郎高徳、今木三郎高徳など、さまざまに記され、最後は出家したのか、児島三郎入道志純と名乗って終わる。

熊野権現は、後鳥羽上皇の子孫が運営しており、皇族との関連が深い。
五流尊龍院にある児島高徳生誕地

児島高徳(こじまたかのり). 高徳は応長1年(1311年)備前児島で生まれました。







フロム・エー・ナビ
無料着メロサイトめろりん♪
みなくるホーム
ハンゲーム




RAK2ホームページ作成
>> 誰でも作れる、超!簡単な無料ホームページ
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?
成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。
  簡単!無料HP
  @games
  ゲーム特集
×